« 星塚敬愛園夏祭り(鹿屋市星塚町) | トップページ | 知林ヶ島に渡る(指宿市) »

高須の刀舞い(祇園祭)

 毎年8月の第一日曜日に行われる鹿屋市高須町の祇園祭り(おぎおんさあ)。今年は8月4日であった。

 今朝は早朝に種子島宇宙センターから打ち上げられるという「H-2B」ロケットの光跡を見ようと、頑張って早起きして見たのだが、あいにく雲が多くて南の空に若干の姿を垣間見せただけで、雲間遥か上空に飛んで行った。(4時48分発射。8時のニュースで打ち上げ成功とあった。)

 そのあと6時から集落の道路沿いを草刈り清掃して回ったが、かなりの汗を絞った。高須に向かったのは9時半で、到着してみるともう波之上神社での神事は終わっており、神社下の国道にたくさんの人たちが集まっていた。Cimg5842小学生の手にしているのは刀で、今年は7名で刀舞(かっなめ)を舞いながら町内を練り歩く。Cimg5845いよいよ練り歩き開始。

 刀舞はもともとは波之上神社に古くから伝わる奉納舞いで、昔は大晦日の晩に夜を徹して奉納されたそうである。

 ところが波之上神社から300㍍ほど南の高須海水浴場近くにあった祇園宮(八坂神社)が鉄道の路線に掛かるということで移築されたあとに台風で倒壊したのでこの波之上神社に合祀された。

 祇園宮の祭り(おぎおんさあ)では旧6月15日に行われ、その際は盛大な山車行列があったそうだが、山車の老朽化と引手の減少でいつしか行われなくなり、その代わりにそれまでは波之上神社の神事として大晦日に行われていた刀舞が祇園祭りで奉納されるようになったそうである。(「伝統芸能ー刀舞-の継承」=高須町刀舞保存会のパンフレットより引用)Cimg5850いまにも降り出しそうな空模様の中、高須大通りを進む。「弓舞」は中学生たちが舞う。Cimg5851国道を左折して高須港の筋に入る。小学生一行の先を二名の高校生が「長刀舞」をしつつ歩いて行く。Cimg5854他の小学生は手作りのみこしを担いで回る。Cimg5857行列の先頭には「露払い」の人がいて、戸口に出て来ている人々を水を浸した笹で清めて行く。Cimg5865行列の最後の方になるとお面を付けた一団が歩いている。田の神(たのかんさあ)だそうだ。五穀豊穣を願うのだろう。Cimg5867一番最後にあるいて見物人の中から小さな子どもに脅しをかけて泣かすのが鬼。「鬼神舞」を担当する。この鬼は知り合いの中学校の先生だった。Cimg5868最後に高須川に架る「鉄道橋」(昭和62年までここを大隅線の列車が通っていた)を渡るのは神主の一行だ。

 この頃からいよいよ雨脚が強くなってきたので、付いて行くのはあきらめる。Cimg5871鉄道橋の200㍍ほど上流には国道に架かる「高須橋」があり、その橋のたもとには「川津神社」がある。(祭神は岡象女神(みずはめのかみ)で水を司る神様らしいが、創建の由来は不詳。)

 鳥居の向こうの荒平石(溶結凝灰岩)の崖の下には雨宿りにちょうどいい空洞があり、すでに先客がいた。それならばと波之上神社に向かう。Cimg5872国道から参道に入ると第二の鳥居がある。くぐって70段ほどの石段を上がれば拝殿が見える。Cimg5874祭日とあって明かりが煌々とついていた。

 この波之上神社の創建は南北朝時代の正平3年(1348年)で、建立したのは南朝方の勤王僧・昌光僧都。紀州熊野権現を勧請したという。祭神はイザナギ・イザナミ・ハヤタマヲ(正式には家津美御子・夫須美・速玉之男)で熊野三所(三社)権現とも言っている。

 拝殿の左手に行くと六基の板碑(いたび)が建立されている。Cimg5876向かって左から二番目のは赤色凝灰岩(荒平石)製で脆いために磨滅が激しいが、他の物は黄色凝灰岩(山川石)製でこちらは風化を免れている。(山川石は同じ凝灰岩でもこうして地上に晒されるとかえって固くなるという風に言われており、大隅半島でも移入して多用されている。)

 手前のは供養塔で心勝という僧のために菩提を願う記念碑で、嘉暦3年(1328)という古い物である。また一番奥のには南朝年号「元弘2年(1332)」とともに北朝年号の「正慶元年(1332)」とが同時に使われており、時代に混乱を反映した珍しい記念物(供養塔)とされている。Cimg5878階段の途中から眺めた高須の町。右手の工場のような建物は蒲鉾屋。

 遠い昔、この波之上神社の丘は陸繋島だったとおもわれる。向こう側の鳥居辺り(国道)には海水がひたひたと上がって来たように見える・・・。




 

 
















 

 

|

« 星塚敬愛園夏祭り(鹿屋市星塚町) | トップページ | 知林ヶ島に渡る(指宿市) »

おおすみ祭礼と行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星塚敬愛園夏祭り(鹿屋市星塚町) | トップページ | 知林ヶ島に渡る(指宿市) »