« 第1回歴史探訪会を開催(大隅史談会) | トップページ | 伊豆大島10・16豪雨災害 »

秋の空と夕焼け(鹿屋市池園町)

 夕方6時少し前、日課のウメの散歩に出ようとしたら西の空に「うろこ雲」がきれいに見えたので、デジカメを取りに戻りウメを散歩に連れ出した。Cimg6718 風はやや西風。それほど強くない。まだ残る青空に、夕日を浴びたうろこ雲が秋を感じさせる。Cimg6726 わが家から300㍍くらい東南に来てみると、北の高隅山系あたりから太い飛行機雲に似た雲がまっすぐ南へ伸びている。Cimg6728 見上げると、南北に伸びる雲と東西に伸びる雲(巻層雲)が共存している。Cimg6729 西の空の地平線近くの青空と、巻層雲の間の青空の色調は、微妙に違っている。Cimg6733 さらに時間が経つと、小ねぎのハウスの間に見える夕焼けはクライマックスに。Cimg6734 ウメの散歩そっちのけで、刻々と変わって行く夕焼けのグラデーションに酔いしれる。Cimg6736 真南にある横尾山系にも夕闇が迫る。

 本当に久しぶりの、夕焼けらしい夕焼けに出会えたのは幸いだった。大陸からの秋の冷気が忍び寄って来たのだろう。

|

« 第1回歴史探訪会を開催(大隅史談会) | トップページ | 伊豆大島10・16豪雨災害 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回歴史探訪会を開催(大隅史談会) | トップページ | 伊豆大島10・16豪雨災害 »