« 「衆院選挙一票の格差違憲訴訟」に思う | トップページ | 眼が泳いだ記者会見 »

初霜・2013年秋

 昨日の夕方はよく晴れて夕焼けがきれいだった。

 ウメの散歩をする頃には風が無いうえ、かなり冷え込んできたので、明日の朝は霜が降りるかもしれないと思っていたが、案の定、今朝の散歩に出たらかなりの霜が降りていた。Cimg7119_6 南側の畑には一面の霜が降りている。初霜にしてはキツイ霜だ。Cimg7115 畑の畦に刈られて乾燥し切った草の上も真っ白だ。

 ウメの散歩から帰った6時40分頃、玄関前の寒暖計は何と0.5℃を指していた。7時のNHKニュース・鹿児島版では、北部の大口市が-2.0、大隅では一番寒いとされる福山町牧之原で同1.0と今秋では最低気温を記録した。

 それでも去年に比べると暖かい。去年は11月1日に軽い霜(初霜)があったあと11月中に3回、都合4度の降霜があったのだから。

|

« 「衆院選挙一票の格差違憲訴訟」に思う | トップページ | 眼が泳いだ記者会見 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「衆院選挙一票の格差違憲訴訟」に思う | トップページ | 眼が泳いだ記者会見 »