« 「南海トラフ地震」で最大13万人の死者 | トップページ | 新「男はつらいよ」の放映が始まる »

鹿児島史談会から『鹿児島史談』を恵贈される

 先日、鹿児島史談会から『鹿児島史談 百周年記念号』(発行:鹿児島史談会 平成25年10月11日発刊)を恵贈された。Cimg6930 本書掲載の「鹿児島史談会の発足について」(山下玄洋著)によると、鹿児島史談会は大正2年(1913)6月8日、城山公園「浩然亭」において有志9名で発足している。その時のメンバーは次の通り。

 猪谷宗五郎 武藤長平 名越那珂次郎 伊地知茂七 加藤雄吉 

 坂田長愛 東郷重毅 遠矢才二 池田米男

 その後の臨時会(6月25日)において、上記人名の他に

 阿久根成麿 小村俊秀 中村初枝

 の三氏が加わり、都合12名が発足当時の会員であったそうである。参加者の顔触れは、当時の七高や中学の教師たち、新聞にかかわりのある人たちが主なメンバーだったようである。

 かくして鹿児島史談会は発足し、爾来連綿と続けられて今年でまる百年を迎えることになった。Cimg6929 総ページ210ページ、投稿数20名、維新を中心に多岐にわたる論考はさすが鹿児島本府のお膝元だ。

 会長・伊牟田比呂多氏の巻頭言のあとに、鹿児島県知事と鹿児島市長の「お祝いのことば」が掲載されているのは百年という歴史の重みならではだろう。

 今後、我々大隅史談会との交流もお願いしたいものである。

|

« 「南海トラフ地震」で最大13万人の死者 | トップページ | 新「男はつらいよ」の放映が始まる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「南海トラフ地震」で最大13万人の死者 | トップページ | 新「男はつらいよ」の放映が始まる »