« 「五族協和な菊たち」の開花宣言 | トップページ | 「かのやばら祭り2013秋」のステージ »

ポールマッカートニーが大相撲を観戦

 夕方5時過ぎ、大相撲福岡場所を見ていたら、画面が客席を映し出した。そこには外人(白人)の夫婦が写っていた。

 よく見ると、何とあのビートルズのメンバーで、ロンドンオリンピックの開会式の時に競技場で「ヘイジュード」を弾き語りで唄ったポールマッカートニーではないか。Cimg7025 ビートルズ4人組の生き残りポールマッカートニーと何度目かの妻。

 福岡で明日15日に公演があるそうで、その前日に大相撲を観戦しているというわけである。公演はヤフードームだからすぐそこだ。

 ちょうど高校一年生(昭和40年=1965)だったと記憶するが、ビートルズが初来日し、大変な騒ぎになったのを覚えている。何人かの女子が学校をさぼって見に行ったようであった。

 ほぼ50年前の、今は昔の物語だが、この人は今まだ70歳位で、当時の面影がそのまま残っている。西洋人としては稀有に若いから一目見て記憶からよみがえった。

 ヘイジュードをはじめイエスタデイ、イエローサブマリン、恋の片道切符・・・などなどよく歌ったものだ。日本でもグループサウンズが流行り、エレキギターの聞こえぬ日がないくらいラジオで、テレビで、街中で、流されたものだった。

 高度成長の一つの象徴でもあった猥雑な繁華街の雑踏とロングヘアーの若者たちの時代―懐かしく思い出す。・・・歳を取ったなあ。

|

« 「五族協和な菊たち」の開花宣言 | トップページ | 「かのやばら祭り2013秋」のステージ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「五族協和な菊たち」の開花宣言 | トップページ | 「かのやばら祭り2013秋」のステージ »