« ブルーインパルスとばら園 | トップページ | 日の出と『寺山修司研究』(7) »

月例会の開催が決まる(大隅史談会)

 属している大隅史談会の平成26年度第一回役員会が鹿屋市のホテルこばやしで開かれ、25年度の決算報告・事業報告などが承認され、引き続いて新刊書『大隅57号』の紹介と、26年度の事業計画が協議された。

 その中で今年度から毎月第4日曜日の午後に「月例会」を開催して行くことが本決まりになり、記念すべき第1回目を5月25日(日)に行うことになった。

 講師に鹿児島国際大学大学院特任教授で文学博士、隼人研究の第一人者・中村明蔵先生をお招きし、奈良時代初頭に大隅国が古日向国から分立された時代相と、その頃の大隅鹿屋地区の状況を交えて語っていただくことにした。

 大隅史談会26年度第一回月例会のあらましは次の通り。

  期 日  5月25日(日)

  時 間  13:30~16:30

  演 題  「大隅国分立と姶羅郡鹿屋郷」

  講 師   中村明蔵・鹿児島国際大学大学院特任教授

  場 所  鹿屋医療プラザ(健康増進センター)小ホール

        ※国道269号線沿い(鹿屋農業高校から北東へ150㍍右側)

  参加費  資料代として500円

 

|

« ブルーインパルスとばら園 | トップページ | 日の出と『寺山修司研究』(7) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーインパルスとばら園 | トップページ | 日の出と『寺山修司研究』(7) »