« 月例会の開催が決まる(大隅史談会) | トップページ | 憲法改正論議 »

日の出と『寺山修司研究』(7)

 実は今日、かのやFMという地域コミュニティーラジオ放送の朝の番組に生出演したのであるが、やはり緊張していたのだろう、3時頃に目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けず、5時半には起きて早ばやとウメの散歩に出かけることになった。

 しかしちょうど朝日が昇った頃で、胸ポケットに忍ばせたデジカメで写すことができたのは幸いだった。Cimg8605 ウメも撮影に協力してくれている。慣れて来たのだろう(本当は写す方が慣れたのであるが・・・)。 Cimg8620 朝日ってワンダフル! (お前も英語のダジャレを言うようになったか・・・)Cimg8622 別に言ってないワン。早くご飯をちょーだいヨ!

 

 その後、自分も朝飯を掻き込んでFMかのやへ。放送では大隅史談会のことばかりを話してきた。さすが、進行役のパーソナリティМさんの上手なこと。乗せられて20分はしゃべったようだ。5月の第一回月例会の宣伝にもなり、有難かった。

 家に帰ってから『大隅57号』を国会図書館をはじめしかるべき公共機関に贈呈送付するための荷造りなどで時間を取られる。

 4時頃に郵便局に集荷に来てもらいやれやれ。

  待っている間に、この間神奈川県にいる甥から送って来た『寺山修司研究・7』に目を通す。Cimg8625 2014年 4月20日初版発行

 国際寺山修司学会 【編】

 株式会社 文化書房博文社

  奥付を見ると、甥は編集委員に名を連ねていた。

 そしてエッセイを2編、書評など2編の4編をも物している。今後ますます磨きがかかり、学会を代表する論者になるやも知れぬ。

|

« 月例会の開催が決まる(大隅史談会) | トップページ | 憲法改正論議 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月例会の開催が決まる(大隅史談会) | トップページ | 憲法改正論議 »