« 台風8号が阿久根に上陸 | トップページ | 南九州が梅雨明け »

7月月例会の資料到来

 7月27日(日)に開催の大隅史談会7月例会で、武田氏(当会理事)が「クマソへの旅」というテーマで発表するのだが、その時に使う資料を持参してくれた。

 A4版で13枚になるというが、その中にカラーコピーが2枚あった。どちらも河内地方を中心とした地歴図であるが、中でも一枚はなかなか手に入らず、近畿で学会があった時に(武田氏は歯科医師で博士号をもっている)、大阪で手に入れたものだそうで、畿内全体が鮮やかに彩色され、旧都(難波高津宮・藤原宮・大津宮・平城京・長岡京・恭仁宮・紫香楽宮・平安京など)がすべてその位置の記入されている優れものだ。Cimg9302自分で30部も刷って来てくれた。ありがたい。

 手土産に焼酎を持って来てくれたのは、なお有難い。Cimg9303地元の神川酒造の「神之川」。(手前の地歴図は河内にまだ河内湖があった1500年前のもの。大阪歴史(弥生)博物館とある辺りから北へ砂嘴が伸びていた。現在の上町台地で、そのほぼ先端に仁徳天皇の高津宮があった。)Cimg9304栓の所に「昔造りの芋焼酎」と封がしてある。

 飲んでみると口当たりがよく、ツンとしない。昔の焼酎は芋臭かったとよく言われるが、あれは芋の仕込みの時に皮の剥き方が雑で、凹み部分や若干の腐れ部分も入り込んだせいではないかと思う。今はそんなことは無く、味はすっきりしている。(昔の芋臭いのが懐かしいという人もいる。懐古も人生の味わいの一つではある。)

 まあ、今晩は珍しい地歴図を眺めながら、一杯がいっぱいになりそうだ。

 <7月例会要領>

 日 時  7月27日 13:30~16:30

 会 場  県民健康プラザ・鹿屋健康増進センター

 発 表  1 「クマソへの旅」 武田悦孝

       2 「邪馬台国・投馬国・狗奴国」 松下高明

 参加料  500円(資料代等)

 

 







|

« 台風8号が阿久根に上陸 | トップページ | 南九州が梅雨明け »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風8号が阿久根に上陸 | トップページ | 南九州が梅雨明け »