« 拉致被害者の調査団派遣 | トップページ | コスモスで地域おこし(鹿屋市南町) »

ジョウビタキの不可解な行動(鹿屋市池園町)

 4日前から我が家の庭に姿を見せたジョウビタキ。Cimg0758 居間から南の窓の外を眺めていると、急に鳥影がして庭に置いてある洗濯物干しに一羽の鳥が止まった。

 カカッ、カカッとせわしげに鳴く。すぐに飛び立ち、やがてまた帰って来る。Cimg0759 こっちの方を見ているようでもあり、気づかれないようにそっとデジカメの焦点を合わせた。Cimg0756 しばらくしてから向うの合歓の木に止まった。何やら口にくわえている。餌だろうか、それとも巣をつくる材料か?

 一昨日あたりからこのジョウビタキは、不可解な行動をとりはじめた。窓の網戸に飛んできてほんの少しの間、中の様子を窺うような首の振り方をする。Cimg0750 それから東側の一室の向こうにあるヒトツバ(槇)の飛び出た枝に飛び乗り、ほどなく、枝から出窓のガラスに向かって飛びかかる。虫の捕食かーと見ても窓ガラスに餌になるような虫は付いてはいないのだ。Cimg0754 さっと枝に戻ると、やがてまたすぐに窓ガラスに体当たりするのだ。(右上にオレンジ色っぽい尾羽の広がったのだけが見える。)

 Cimg0742 これは今朝撮影したものが、もう少し鳥の姿らしいのが撮れている。

 透明な窓ガラスに気付かずに鳥が体当りしてしまうのは、割とよくあることだが、このジョウビタキは何度も何度も同じこと(あやまち)を繰り返しているのだ。

 懲りない性格なのか、それとも何か意味のある行動なのだろうか。

 考えられる一つに、外敵からは安全な部屋の中に巣を作ろうとしているというのがあるが、こう何度も繰り返せばそれが無理なことは分かるはずだ。どうもそれは違うようだ。

 外敵のカラスやモズ、猛禽類に追われてのことなら、こんな頻度であればもうとっくに捕獲されてしまっているはずだ。

 よく分からない。

 だが、「鳥は魂を運ぶ」という伝承を思い出してみると、我が家に縁のある魂が何かを訴えかけているのかもしれない。吉なのか凶なのか・・・。











|

« 拉致被害者の調査団派遣 | トップページ | コスモスで地域おこし(鹿屋市南町) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

その後のお話もお聞かせ願えませんか?

投稿: うめさん | 2015年2月24日 (火) 13時15分

あの後もしばらくは(1週間くらいは)続き、そのあとも同じ1羽だと思うけれど、ずーっと我が家の庭には来続けていますよ、今日の午後も。ただし、例の行動は全くしません。
 我が家の庭の木にはジョウビタキ、モズ、ヒヨドリ、ムクドリ、キジバト、スズメ、時にメジロなど。カラスも以前はよく合歓の木にやって来て止まっていたけれど、10日くらい前に百均で回ると太陽光を反射する風車を畑に刺したら来なくなりました。これは意外で、他の鳥も初めの4,5日はめっきり姿を見せなくなっていたのが、ここに来てようやく慣れたのか風車の側まで来たりしています。カラスの方が賢いはずなのに、想定外だった・・・。
 

投稿: kamodoku | 2015年2月28日 (土) 23時57分

お話ありがとうございます。また、次はこちらのことも書きますのでどうぞお読みになって下さい。宜しくお願いします。

投稿: うめさん | 2015年3月10日 (火) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拉致被害者の調査団派遣 | トップページ | コスモスで地域おこし(鹿屋市南町) »