« 中国・韓国とどう向き合うか | トップページ | 野方の照日神社(曽於郡大崎町) »

ファンタジーナイト(かのやばら園)

 去年から始まったかのやばら園のイルミネーションショー「ファンタジーナイトインかのやばら園」が今日の夜から始まった。Cimg1565 7時少し前に行くと、入り口では素晴らしいイルミネーションが出迎える。Cimg1566 グリーンのツリーの前にはベンチが置いてあり、親子連れやカップルが写真を撮っていた。Cimg1567Cimg1568 大きな光のトンネル。Cimg1572 このあたりは名花「プリンセスかのや」を植栽してある場所だが、すっかり光のプールになっていた。Cimg1574 ノーベル物理学賞に輝いた日本人科学者発明の青色発光ダイオードがイルミネーションショーの主役。Cimg1577 光の海の一角に舞台が設けられ、今夜は「リトルチェリーズ」の公演が行われていた。Cimg1581 リトルチェリーズは小学生のジャズ楽団で、鹿児島県はもとより日本各地や海外まで公演を行うこともあり、その名はよく知られている。

 指導者は大西隆氏で、30年前に小学校の教師として赴任した南大隅町(旧根占町)の神山小学校で小学生のバンドを結成して指導に当たったのを皮切りに、転勤先でも継続して音楽活動を続け、数々のコンクールで高い評価を受けて来たそうである。

 (詳しくはリトルチェリーズのホームページで。)

 ところが演奏中にイルミネーションが突然消えるというハプニングが発生した。Cimg1585 しかし演奏は途切れることなく続けられ、慌てず騒がずーを地で行くような場面に、見物客から手拍子が沸き起こった。大したものである。

 本日2回目の舞台だったが、イルミネーションの明かりは回復せず、サーチライトに照らされながら二曲を演奏し切った。Cimg1587 入り口の管理棟に近い部分は暗がりの中よく光っていた。下の広場とは配線が違うのだろうか。

 


 

















|

« 中国・韓国とどう向き合うか | トップページ | 野方の照日神社(曽於郡大崎町) »

おおすみ祭礼と行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国・韓国とどう向き合うか | トップページ | 野方の照日神社(曽於郡大崎町) »