« 初霜と初氷(鹿屋市池園町) | トップページ | 2014衆院選挙結果 »

翔んでる美智子皇后

 ベルギーのファビオラ王妃が86歳で亡くなり、皇室と親しかった関係で美智子皇后が単独でベルギーを弔問されたが、その日程を見て驚いたのは自分だけではあるまい。Cimg1422 画像は8時の国分太一の「いっぷく」より(以下同じ)。Cimg1423なにしろ、昨日11日の午前に羽田を立ち、同日ベルギー着。同地で一泊して王妃の葬儀に参列し、その日のうちに再度機上の人となるそうである。

 自分は行ったことがないが、おそらく片道20数時間の長旅であるからかなりの強行軍に違いない。Cimg1418 向こうの王室関係者だろうか、皇后を迎えにタラップの上まで行ってエスコートしているように見える。美智子皇后はすでに喪服に着替えられておられるが、コートは羽織っていない。北海道のような気候の地域のはずだが気になるお姿である。

 今年の10月20日に満80歳になられたばかり、特にいま持病を持っておられるとは聞かないが、大丈夫なのだろうか。天皇のご名代として親しかった王室への弔問とはいえ大変なことである。Cimg1416 ボードワン国王と王妃。若き日の皇太子ご夫妻と清子さまが王宮を訪問されている。Cimg1417 皇后と王妃のツーショット。

 皇后が国際児童年に児童図書・絵本の行事がスイスであった時に初めて単独で行かれたわけだが、その際の会見らしい。美智子皇后は絵本を出版されているし、ファビオラ王妃も故国スペイン時代に文学者であったので話が合い、会話が弾んだようである。

 

 ベルギー王室はまだ歴史的には日が浅く、現国王(夫君ボードワン国王の甥)で6代目。すぐそばに位置するデンマーク国が少なくとも1000年を数えるのとは対照的だ。

 ウィキペディアによると、世界には27か国に王室があり、ヨーロッパだけで10か国、アジアに14か国、そしてアフリカに3か国が現存するという。つい昨日行われたノーベル賞の授与式では物理学賞に日本人研究者3名が受賞したので各テレビ局で何度も同じ場面が放映されたが、会場のストックホルムのあるスウェーデンも王国であり、授与者はグスタフ国王であったのが印象に残る。

 現スウェーデン王室はベルナドッテ家で、血統的には7代程度、それでも1500年代の初期に確立したスウェーデン王国を継承している。つまり、初期王朝の主家のみならず分家からも王位者が立ったということで、日本の「万世一系男系でなければ天皇家とは言えない」というのとは大きく違う。世界に冠たる大英帝国の王家でも同じようなもので、1700年前後にオランダから入ったオレンジ公の血筋が今に続くエリザベス女王である。

 日本の天皇家についての「万世一系男系」が、いかに硬直した捉え方であるかが分かるだろう。日本の場合、天武天皇からは万世一系と言っても良いが、それ以前の天皇家は今のヨーロッパ王室と同じように主家のみならず分家からも立ったであろうし、王朝が並立していたことが何度もあった。そう考えないと解けないのが古代以前の日本(倭人)の歴史である。

 しかし天武天皇(在位673年~686年)からとしても現在に至る1340年は「万世一系」なのであるから、実に古い。しかも天武時代には今日とそう変わらない天皇家の行事(祭祀)が形成され、連綿と継承されてきたわけで、そのことまで考慮に入れると、天皇家は今や世界で最も古く、かつ最も忠実に国家の安泰を中心とする祭事を司って来た有難い(得難い)王室ということになる。世界文化遺産ものだが、現在もたゆまずに行われていることからすれば「遺産」ではない。

( 強いて言えば、いま話題のノーベル賞の「平和賞」に該当しようが、そんなレベルのものではないので対象にはならないのだろう。仮に天皇家のために特に「スーパー平和賞」のような物が設けられても、天皇はお受け取りにならないだろう。)

 古い王室といえば、昔は「エチオピア王家だけは天皇家より古い」と言われたが、1974年に王制は廃止となり、ハイレセラシエ皇帝が最後の国王となってしまった。東京オリンピックの時(1964年)に、マラソンで優勝したアベベ選手は前回のローマオリンピックから二連覇ということで帰国後はハイレセラシエ皇帝から直々に賞誉された―という報道が当時あったので、その名は記憶に残っている。

 美智子皇后が無事にお帰りになるよう祈りたい。

 

 

|

« 初霜と初氷(鹿屋市池園町) | トップページ | 2014衆院選挙結果 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初霜と初氷(鹿屋市池園町) | トップページ | 2014衆院選挙結果 »