« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

桜島の降灰(鹿屋市池園町)

 今日は庭仕事に精を出していたが、一段落ついて3時の休憩中にテレビをつけたら、桜島等の火山災害シンポジウムの再放送を放映していた。Cimg2081_2(画面はNHKから。以下同じ)

 鹿児島県は火山地帯で、とくに直径が20キロメートルもあるような噴火口(カルデラ)が県本土の真ん中を三つと南海上の硫黄島付近の一つの合計四つも貫いているのは、世界でも例を見ない地理的条件であり、防災上極めて特異な対策が必要な所である。

 今年は大正4年(1914)の桜島大噴火から101年でもあり、最近活発化している鹿児島県域の火山活動からして、住民にも危機意識を持ってもらう意味で開かれたシンポジウムであったようだ。Cimg2072 資料映像として映し出された「日本活火山総覧」(第4版)をみると、なるほど桜島、薩摩硫黄島、口の永良部島、諏訪之瀬島ではすべてここ2~3年内という最近の噴火(ただし桜島は年がら年中)である。さらにこの画面では見えないが、2011年1月26日に突如大噴火した霧島連山中の新燃(しんもえ)岳もある。

 霧島火山に詳しい鹿児島大学の研究者は、Cimg2083 あの新燃岳の噴火の規模は、たかだか一週間で桜島が一年かかって吹き出す噴出物の量を上回っていたという。

 べらぼーな話で、昨年9月に水蒸気爆発した御嶽山のように登山客がいたら、何万人が登っていたとしても全滅したであろうほどの大噴火だったのである。Cimg2078 京都大学名誉教授は桜島を南端の外輪山とする「姶良カルデラ」(噴出は28000年前)の地下のマグマ溜まりには一年間で1千万立方メートルのマグマが供給され続けている―といい、いつ新燃岳クラス(桜島大正大噴火レベル)の噴火が起きてもおかしくないそうである。

 一昨年までの3年間、桜島の爆発・噴火は年間900回前後あったのが、昨年は450回に半減しているが、一回の噴火の規模の大きいのが何度もあり、少なくなったからといって大噴火の可能性が低くなったわけではない―とも警鐘を鳴らす。

 何にしても、大正大噴火レベルの噴火災害を想定内のこととして念頭に入れておくことが絶対に必要だろう。

 シンポジウム番組が終わったあとの4時半頃にいつものようにウメを散歩に連れ出したが、シンポジウムに合わせたかのように池園町から南町方面一帯を桜島の降灰が襲っていた。Cimg2092 真上の空は晴れて青空が見えるのに、太陽が霞んでいる。その前を帯状に連なった黒い雲があるが、これこそが流れて来た桜島の灰である。

 画面右(北)から左(南)へと流されてきたのだが、このあたりで方角を東に変えたらしい。Cimg2090 黒い灰雲は南の山々の手前で左(東)へ向きを変え、Cimg2088 南町から吾平町方面を直撃したようだ。春先の黄砂(最近はPМ2.5)でもこのように霞むことがあるが、その際は空全体が霞むので違いが分かる。Cimg2093 我が家辺りはさほどではないが、それでも庭石の上に積もった灰に指で「灰」という文字が書けた。

















 

| | コメント (0)

イスラム国人質問題

 今朝のニュースで、昨夜11時頃のユーチューブにイスラム国に拘束され「身代金2億ドル」を要求されていた二人の日本人のうち湯川氏が殺害されたらしい動画が掲載されたという。Cimg2028 20日にユーチューブで放映された湯川氏(向かって右)と後藤氏(左)の囚人服姿。真ん中に立っている男が、放映の中で日本政府に対して一人当たり1億ドル、合計2億ドルの身代金を要求した。

 これに対して政府は「情報を密にして関係国と連絡を取っている」と言うだけだったが、翌日、後藤さんの母親が会見を行った。Cimg2018 外国人特派員協会の主催であった。Cimg2026 席上、母親の石堂順子さんは、通常の「息子を返してほしい。日本政府にお願いする。」という訴えのほかに、次のようなことも話していた。

 「神から授かった地球をこれ以上、戦争や原発で汚さないでほしい。」(この意見は今のところどの報道機関でも報道されていない)

 また、イスラム国に対して

 「(これまでの経緯は多々あろうが)イスラムのみなさん、恨みつらみの気持ちをどうか持たないでください。」(上に同じ)

 逐語的ではないが、おおむねこのようなお話をされたのである。

 私は、ほう!と唸ってしまった。一体このお母さんはどういう人なのだろうか―と良い意味で関心を抱かざるを得なかった。

 何か達観したものを持っておられる人と見受けたのである。さらに、息子の後藤健二氏については、

 「息子は子供のころから誰にでも優しく、特に今は内乱や戦争などで被害を受け続けている子どもたちを救おうと現地に入っているだけで、早く解放して頂きたい。」

 と、親バカではない褒め言葉に客観性を感じさせてくれた。

 そして「私もそういう子どもたちが日本に来て学びたいというなら、ぜひお世話させてほしい」ということも語った。

 この親にしてこの子ありーという成語がまざまざと甦ってくるお母さんであった。

 鋭い直感で、これからの日本の立ち位置を表明してくれているように思われてならなかった。

 後藤健二氏の無事な生還と、これからの活躍を祈る。

※湯川氏については「民間軍事会社の設立者」という経歴が不可解だし、拘束される前のユーチューブの放映で見る限り、ますます不可解な人物と感じた。危機に晒されることに何か特別の意味を自分に見出しているようで、あえて死地に赴いた感がぬぐえなかった。







| | コメント (0)

荒園遺跡(曽於郡大崎町仮宿)

 「おおすみ歴史講座」の仲間5人と東回り九州自動車道に関わる大崎町の「荒園遺跡」に行って来た。Cimg1984 ここで発掘調査をしているN先生を訪ねたのである。この先生には2月の大隅史談会月例会で講話をしてもらうのだが、その時に使用する資料ができたというので貰いに行った。

 しかしせっかくだからということで、講座生のメンバーを連れて遺跡を案内して頂くことにした。Cimg1975 この遺跡では、アカホヤ火山灰層の下から土器片が多く出ており、縄文早期(約8000年前)からの人の活動が示されている。Cimg1981 いまN先生が手に持っていいるのはV字型の濠の跡で、完全なVではなく片方はほぼ垂直に切られた「片薬研堀」だそうだ。

 向こうでたくさんの作業員が発掘をしているが、その右手にこの「片薬研堀」が見つかったのだが、今はもう埋め戻されている。

 N先生の話によると、濠の中の埋土中に、開聞火山由来の火山灰の層があり、その降灰年代は貞観年間(870年頃)と分かっているので、この濠は山城のための空堀ではなく、古代かそれ以前の濠の可能性があるという。

 そんな時代にこのような「片薬研堀」が造られた前例はなく、今この濠の解釈に悩んでいるそうである。

 

 資料を頂いてから辞し、時間があるので地元大崎町の講座生Tさんにいくつか史跡を案内してもらった。Cimg1987_2「山下家の六地蔵」(宝暦4年=1754年建立)

 六地蔵と言えばふつうは六角の灯篭状の石塔を建て、六角の側面にそれぞれ地蔵像をレリーフするのだが、ここのは単体で六つ造立されている。極めて珍しいという。

 六地蔵は「六道輪廻」のそれぞれの守護仏のことで、人間が餓鬼畜生から天界の住人に輪廻するまで見守る地蔵さんである。何千年もかかるらしい・・・。Cimg1989「都万神社」

 参拝を兼ねて訪れる。説明看板が更新され、立派になっていた。Tさんは大崎町の文化財審議員、さすがに説明は慣れたもの。

 都万神社は旧日向国内に5か所あるといい、ここは南限の都万神社という。祭神は木花咲耶姫(ニニギにミコトの妻)と立述主命とあるが、前者は天文9年(1540)に、原田地区の元宮からここへ遷座になったという。

 後者の「立述主命」は「トコシロヌシ」と読むが、この神の来歴が不明で、おそらく「コトシロヌシ」(事代主)の誤認と思われる。

 神社名は木花咲耶姫が天孫ニニギの「妻」だったから、「ツマ(都万)」と言うようになったものだが、後者が配された理由が分からない。

 そこで、むしろ「コトシロヌシ」を祭神とした社がかなりの昔からあったところへ、天文9年に木花咲耶姫が合祀され、木花咲耶姫の神格の方が高いがために、「都万神社」名が称揚されるようになった―と考えた方がよいかもしれない。

 同じく志布志湾に近い串良町にも、台地の上に「事代主神社」があることを考えると、ここもかってはコトシロヌシ神社だったとしてよいのではないか。

 夜になって以上のようなブログの構想を練っているときに、テレビで衝撃的なニュースが報じられた。それもここに載せておく。

 NHK午後7時のニュース(9時にも同じニュースを流したので、画像は9時の物を使った)で、宮崎県えびの市にある「島内地下式横穴墓群」の一つから、大量の副葬品と人骨がほぼ無傷のままそっくり発見されたという。Cimg1996 発掘現場は白いテントで覆われている。島内地下式横穴墓群は、JRえびの駅から西に4キロほど行った先にある。やや広い舌状台地の上である。Cimg2000 甲冑はじめ鉄刀・鏃・矢など400点の副葬品および人骨2体分。Cimg2005 発掘を担当した鹿児島大学の考古学者・橋本達也准教授も興奮気味だ。Cimg2008 このような豪華な副葬品が出土するとたいてい「畿内から伝わって来た」というような説明がなされるのがこれまでの常だったが、橋本准教授は南九州文化の独自性を強調し、対等とまでは言わないがかなり「相互に独立した関係」にあったというふうに考えているようだ。

 何しろ、畿内から「地下式横穴墓」というものが伝来したわけではないことだけははっきりしているのだから・・・。

 島内地下式横穴墓群は以前から豪華な副葬品が発掘されており、平成23年にそれらの大部分が国の重要文化財に指定されている。その内容はこちらで確認できる。













 








| | コメント (0)

強烈な霜(鹿屋市池園町)

 昨日はアルバイトのある日で、日中はかなり強い西風に寒い思いをしながら仕事をしたが、夜になったら風がぱたりと止んでしまった。

 そうなると翌朝は霜だ。Cimg1960 7時20分頃に日の出を迎えたが、東隣りの畑は真っ白に降った霜が雪のように陽の光を反射している(玄関先の寒暖計では零度を少し下回っていた)。Cimg1966 わが家の菜園にも霜は容赦なく降りている。手前の春菊(中葉)も氷に覆われ、冷凍野菜状態である。Cimg1961 同じ霜でもイチゴに降ったのは芸術的。Cimg1962 イチゴ畑(と言うほどの広さは無いが・・・)を隅々まで見ていたら、何と実のなっているのがあった。この二個だけだが、よくぞここまでーと感激。

 赤く色づいたのは日に当たった半面だけだったが、この部分を噛んでみたら酸っぱくはなく、ちゃんとイチゴの味がした(ビニールで覆っておけばもっとたくさんなったかもしれない、と後悔)。Cimg1963 こっちはつい一昨日、家の中で種を蒔いて育てていた葉物野菜(名前を失念)だが、霜と霜柱でエライことになっている。今のところ霜枯れはしていないようだが、頑張れ野菜タロー!Cimg1967 家に入ってくつろいでいると、硝子戸の向こうの布団干しにわが家の庭を捕食場にしている百舌鳥くんが来て止まったが、寒いのだろう、毬のような姿で日に当たっていた。


 この霜は新年に入ってからもっとも強い霜だ。大晦日から正月の松の内にかけて寒いことは寒かったが、強風と曇天のせいで霜らしい霜は降りなかった。

 去年は早くも11月の初旬に軽い霜が降りたので、今年の冬は去年並みか去年以上に寒くなるだろうと予想していたのだが、西寄りの季節風の吹く日が多く、霜を遠ざけていた。今朝のような無風で上天気の朝は久しぶりだ。

 やっぱり正月はこうでなくては・・・。











| | コメント (0)

初詣(鹿屋市田崎町)

 小正月と言われる1月15日、田崎神社に初詣をする。

 今年は大晦日から三が日まで、例年になく荒天だったため初詣には行きそびれていたが、ようやく15日になって鹿屋の田崎町にある旧郷社「田崎神社」を参拝した。Cimg1944 西日本一の規模と言われる「かのやグラウンドゴルフ場」を左に見ながら行くと道がやや下りに入ろうかという右手に赤い鳥居がある。そこが田崎神社だ。

 上天気のせいか、鹿屋市街地に下って行く道路の正面には高隅御岳がくっきりと望まれた。Cimg1943 鳥居ももちろん目印には違いないが、境内にある楠の巨木こそが本当の目印である。Cimg1945 境内の東端から眺めるとその大きさには驚く。右隣りのお札所の瓦屋根の天辺まで約5メートルの高さはあるから、この樟の高さは25メートル以上だろう。Cimg1941 最近になって根元をフェンスで囲ったが、その太さは優に2mはあり、樹齢は950年だそうだ。神社の建立年代は不詳とされているが、少なくともこの樟の樹齢は下らないだろう。平安時代中期ということになる。Cimg1942 田崎神社の正式名は「七狩長田貫神社(ななかりおさ・たぬきじんじゃ)」という珍しい名である。「七狩長」は文字通り七人の狩猟の頭領ということであり、「田貫」は田の主を意味すると思われるが、祭神は京都の上賀茂神社と同じ「別雷神(わけいかづちのかみ)」。

 「七狩長」は縄文時代の昔からの狩猟を司る神々で、「田貫(田主)」は弥生時代以降の米作りを司る神だから、この神社は混合神である。どっちが先かと言えば、もちろん前者だが、祭神がどちらともつかないのが不思議だ。「別雷神」は普通水をもたらす神とされ、稲作には水がおおいに必要なので、こっちは後者の守り神と見られる。Cimg1938 本殿に向かって左側奥には「西之宮」が祀られているが、これが「七狩長」の本殿である。中には七王子の面が納められており、かっては旧正月の22日には御幸行列が催された。Cimg1940 西之宮の右脇には「田丸玄蕃(たまるげんば)」という人の墓がある。この人物こそが京都の上賀茂神社から別雷神を奉じてはるばる下って来た人である。伊勢の国の人とまでは分かっているが、詳細不明の人物である。

 腰囲いのある朱塗りの東屋の中にあるので、相当丁重に祭られていることが分かる。

 京都の賀茂神社には上賀茂と下鴨の上下二社があり、上賀茂の祭神ワケイカヅチは下鴨の祭神カモタケツヌミの子である。したがって下鴨神社の方がより古社なのだが、世間一般的には葵祭りやカラス相撲などの公開行事の多い上賀茂社のほうがよく知られている。

 『山城国風土記逸文』によると、下鴨神社の祭神カモタケツヌミは「曽の峰に天下り、のちに大和葛城に遷り、さらに北上して山城の久我の山本に鎮まった」そうで、出身は曽つまり南九州である。神武天皇に先んじて東遷し、熊野の山中で道に迷った神武軍をカラスの姿になって導いたともある。

 このカモタケツヌミが南九州のどこに降り立ち、どこから東遷に出たのか、興味のあるところだが、どうやら野里の小烏(こがらす)神社がカギを握っているようである。

















| | コメント (0)

欧米対イスラム国

 日本時間で昨日の夜、パリのイスラム過激派による新聞社襲撃事件などの連続テロに対する抗議のアピールデモが行われた。Cimg1922 (画面はNHK午後7時のニュースから。以下同じ)Cimg1923 40を超える国や機関の首脳たちが腕を組んで練り歩いたそうで、そのこともだが、主催者のフランス政府発表では160万の人が各地から参加したという。

 この数は第二次大戦終了、つまりナチスからのパリ解放の際に行われたパレードに次ぐほどの規模だそうである。160万はたしかに大きい。Cimg1925 このデモではイスラム宗教国であるヨルダンの国王とパレスチナ暫定自治政府のアッバス議長とともに、彼らに敵対する関係にあるCimg1924 イスラエルのネタ二ヤフ首相が前列に並んで行進していたことで注目された。

 この映像を見ると今回イスラエルと同じ意思を共有したパレスチナ自治政府とヨルダンは、同じイスラム教でありながら、過激派であるイスラム国の存在には危機意識を持ち対応に苦慮していることが分かる。

 もともと同じイスラム教国内で、スンニ派だとかシーア派その他各派閥のような対立があったことはあったが、独裁的な国王なり大統領なりがいた国では強権的ではあるにしても、それなりの棲み分けがなされ、ある程度は秩序が保たれていた。

 政情の不安定要因は、欧米との歴史的な宗教文化的摩擦と石油の富による貧富の差の大きいことだったが、あのブッシュの湾岸戦争以来、この二つの要因がさらに大きく拡大してしまった。

 歴史的に見ると、大英帝国(イギリス)の中東における身勝手な外交戦略がまず現地に亀裂を生み、イスラエル建国により一層亀裂は深まり、第二次大戦後に衰退するイギリスにとって代わって世界最強国になったアメリカのイスラエル寄りの中東政策でさらに分裂は激しくなり、独裁的指導者が現れるようになった。

 世界の警察官アメリカがそれを楯にとってイラクのフセインを打倒したのは記憶に新しい(大義名分はイラクは大量破壊兵器を保持しているから懲らしめるのだーだったが、そんなものは無かったと後からブッシュも認めている)。そしてそのことがテロ組織を生む大きな要因になったのであり、自爆テロを今日のように活発化させたのは他でもないアメリカなのである。

 今度フランスが狙われたのは、英米ではつけ入る隙がないと考えたテロリストのいわば「腹いせ」だろう。フランスはイラク戦争には否定的だった国であるのに気の毒な話だ。

 デモ隊に加わった各国首脳や一般人へのインタビューが放映されたが、みな一様に「フランスは自由の国であり、その言論機関へのテロはお門違いだ。自由を守ろう」などと答えていたのが印象的だった。

 たしかにフランスは世界に先駆けて「自由」を一般市民が獲得した国であるが、自由だけではなく「平等」「博愛」も掲げていたはずである。いくら自由、自由とお題目のように唱えても、平等と博愛が無ければ得手勝手ばかりが横行する社会になってしまう。

 中東のイスラム教社会には欧米のような自由は無いかもしれないが、「平等」「博愛」(ただし、イスラム教の下に於けるーという但し書きは付ける必要がある)は国民の中の共通認識になっているのではないだろうか。

  昨日の関口宏サンデーモーニングの「風をよむ」のコーナーでは、日本はイスラム国のようなテロ組織を生んだ中東にどう対応したらよいか、興味深い解説があった。

 ひとことことで言うなら、日本は欧米、とくにアメリカの対中東政策に従って「集団安全保障」的な対応をするべきではないーということである。Cimg1903 (画面はサンデーモーニングから。以下同じ)同志社大学教授・内藤正典氏(現代イスラム地域研究者)のコメント。Cimg1905 アメリカによる原爆投下により無辜の市民が多数虐殺されたことを、同じアメリカによる湾岸戦争での空爆と重ね合わせているそうだ。Cimg1907 さらに、日本人が現地に行った際に、現地人を見下したような「上から目線」をとらないことが、日本人への信頼につながっているーという。Cimg1912 そのような日本人がアメリカに加担し、武装して戦うようなことはあってはならない・・・。Cimg1918 「風をよむ」の最後のまとめで、ゲストコメンテーターの元衆議院議員・田中秀征氏は「集団的自衛権制定に危惧を持ちます」と語ったが、同感である。

 小泉内閣の時に、日本はアメリカに慫慂され、イラクのサマーワという町に武器を保持した自衛隊を出動させたが、あの時は「戦闘地域でないから問題ない」という見解であった。

 だが、集団的自衛権法を制定したら「外交(すなわちアメリカのご意向)に於いては、国内法が通用しないのが一般である」というような見解がまかり通る糸口になるに違いない。


























| | コメント (0)

やっと見えた御来光

 正月も早一週間が過ぎようとした今朝、東の肝属山系の上にようやく朝日が昇り、御来光を観測した。Cimg1876 午前7時半、肝属連山の稜線が黄色身を帯びて明るくなった。間もなく太陽が昇りはじめる。Cimg1880 東には薄い棚引く雲と、桜島からの噴煙の流れがたゆたっているが、それ以外の空は完璧に晴れ上がっている。東を振り向くと十六夜の月の名残りが浮かんでいた。Cimg1887 さあ、いよいよ太陽がお出ましになる。Cimg1891 7時35分ごろ、今年初めて我が家の庭から見た御来光だ。

Cimg1900 いつもより遅めの朝食後に、テレビの「ニュースアップ!」(テレビ朝日)を見ていると、思わぬニュース解説があった。

 ここのところ桜島の山体が顕著に膨張して来ているーというのである。昨日1月6日に鹿児島気象台が発表したらしい。Cimg1897 山頂から半径2キロまでは火砕流の流れる危険性があり、噴火の際には噴石などに要注意とのこと。

 去年までの2年間くらいは年間爆発・噴火が450回くらいに減少して活動は低下しいたが、時折り4,5000mの高度まで噴煙を上げることがあった。

 それが今年になってから一転して急に爆発・噴火回数が増え、気象台発表の火山情報によると今日の午後3時頃までにもう30回を数えたそうだ。一日5回のペースであり、たしかに要注意だ。

 しかも精密な観測では桜島の山体の膨張が見られるという。その原因は火口内部にマグマ由来の噴出物が溜まり、そのガスが多くなっているからのようである。

 『三国名勝図会』によると、桜島は文献上では平安時代から噴火災害が記録されているが、特に最近の三回、古い順に「文明8年(1476)」「安永8年(1779)」そして「大正3年(1914)」が大きかった。

 文明8年の噴火は旧暦の9月12日から19日まで連続噴火し、大降灰と島の西南の海が隆起して本島とつながり、死者数を知れずという有り様だった、という。

 安永8年の噴火は旧暦の10月1日から5日まで連続噴火し、島民の死者は240人余だったという。

 そして大正3年の噴火は新暦の1月12日、島民と鹿児島市内での死者は併せて58名。この時の溶岩流で島と大隅半島が地続きになっている。

 どの噴火でも前触れとしては2日前から5日前くらいから地震が頻発するようになり、井戸水が温水になったり枯れたりしている。大正の大噴火直前では真冬であったにもかかわらず、カエルや蛇などの冬眠動物が姿を見せたという。

 気になるのは三大噴火の起きた間隔だが、文明と安永間はほぼ300年、安永と大正間は240年で、200年以上とかなり長い。

 大正大噴火から今年までまだ101年と半分以下なので、当分無いだろうと思いがちであるが、あの2011年3月の東北大地震が引き金になって日本列島に大きなゆがみ(大陸プレート間のずれ)が促進されてしまった、という考えも生まれており、安心はできない。

 

 山体膨張が一過性のものであることを祈りたいが、もしも大噴火したらーということも一応考えておくに越したことはないだろう。















 

| | コメント (0)

鴨着く島の御来光

 1月4日。昨日までの三が日は御来光に恵まれなかった。今日こそはと思っていたのだが、また空振りだった。

 いい加減にして欲しい。自分の記憶では正月三が日の御来光が全く見られなかったという記憶がない。

 元旦がだめでも二日、二日がだめでも三日目くらいは必ず肝属山系の稜線の上から徐々に日の光が強くなる光景が見られたのだが、今年はそれがない。

 天気の悪いのは大晦日からで、そこから数えると今日で5日も御来光が無かったことになる。ここに住んでから11年目だが、こんなことは初めてだ。日中も東の空には常に帯状の雲が稜線の上にわだかまって動こうとしない。

 天気予報では1月3日は快晴、今日の午前中までは晴れの予報だったのだが・・・。ひょっとして東の方角で何か重大事の前触れか?

 御来光に見離された感じに業を煮やし、7時過ぎに肝属川河口の波見港まで行ってみることにした。

 12月30日に今度開通した東九州自動車道の笠野原IC付近の道路上から日の出を写真に撮った時に、太陽の昇る位置がちょうど波見の権現山あたりだったのに気付いたからだ。Cimg1832 7時30分過ぎに肝属川河口に架かる「波見第二大橋」に到着。どうやら権現山の向こうから日が昇りそうだ。Cimg1840 ところが同じ場所から権現山の中腹を眺めていても一向に太陽は顔を出さない。Cimg1842 そこでもう少し北寄りにある「波見第一大橋」に行ってみると、まさにどんぴしゃり、権現山のもう一つ向こうの尾根筋から太陽が上がっていた。

 朝日を反射するこの水面は「汐入川」で、左手の家々は東串良町の柏原漁港である。Cimg1843 右手奥にはわずかに対岸の肝付町波見地区の一部が見える。Cimg1846 橋の反対側は汐入川の上流だが、ずうっと先のほうには高隈山系が霞んでいる。Cimg1847 早朝の清々しい風景に見入っていると急にどこかからか軍艦マーチの大きな音が流れて来た。振り向くとたくさんの消防車が勢揃いして次々に道路を右折して行く。

 軍艦マーチの合間にスピーカーから「今日は消防出初式です。皆さんの応援よろしく」とか何とか言っているのが聞き取れた。そうか、道理でさっき通って来た肝付町の道路にも消防団の車と法被を着た団員たちが集まっていたんだ、と納得。Cimg1851 ここでも山地の上空には黒い帯状の雲があるから、あと30分もすれば朝日は隠れてしまいそうだ。わずかな隙間とはいえ海面近くの晴れ間からようやく日の出を拝めた。わざわざ来た甲斐があったというものだ。

 この東串良町柏原と対岸の肝付町波見の間の肝属川河口一帯は絶好の船溜まりで、ここが「神武東征」の出発地である。

 「東征」というとおどろおどろしいが、結局は「移住」と言い換えられる。その理由はこの地方の経済的困難や自然災害、とくに桜島や開聞岳、硫黄島のような活火山による噴火がおおいに関係している。

 2011年の1月26日に霧島山系の「新燃岳」が突然大きな噴火を起こしたことは記憶に新しいが、あのとき強い西風によって都城市方面に多量の降灰があったのだが、三股町あたりでは一面に3~4センチも積もり、「今年は、田んぼは作れんなあ」などと言われていた。

 たった3,4センチでそう思わせるほど、火山灰は田んぼにとっては厄介な代物なのである。(現代は除灰に機械が使えるので、その年の米作りは可能だったが―。)

 これが10センチ、20センチだったら、現代でもお手上げだろう。まして米作りを開始したばかりの弥生時代に、そんな降灰があったら完全に米作り機能はマヒし、下手をすれば飢餓により集落が全滅の危機ともなろう。

 度重なる降灰・台風など南九州は災害の常襲地帯で、そういうものの無い土地への憧れは強かったはずで、それが南九州からの移住という「東征」を生んだのである。

 実際に出航したのは一回切りではないだろう。何派にも分かれて移住が行われたに違いない。

 特に大船団だったのが俗に言う「神武東征」で、これは大隅半島一帯からの人々を集め、日向灘を北上して豊後・豊前・筑前を経由して安芸(広島)や備中・備前(岡山)には7年前後という長期滞在をし、最終的に畿内大和地方に移住地を定め、「大和王朝を開いた」とされる。

 行ったのは吾平津媛(アイラツヒメ)の夫・神武と長男・タギシミミで、アイラツヒメと弟の岐須美美(キスミミ)は大隅に残った(2世紀)。

 ところが、この残ったキスミミのそれ以後のことは古事記には書かれていない。しかし漢字の「岐須美美」は、同じく漢字で肝属のことを「岐毛豆岐」と書くことから「岐」が共通であり、「岐」は「船戸」(ふなど=港)の意味であるから、キスミミはこの肝属川河口に定着したのではないかと考えられる。(岐毛は鴨と考えてキモツキを鴨着く島とするのが自分の説である。)

 後世に史書に登場する「肝衝難波(きもつきなにわ)」という大隅の豪族の祖先である―と自分としては考えている。河口近くにある国指定の塚崎古墳群(4~5世紀)や唐仁古墳群(5世紀)などに眠る王者たちもやはりキスミミ一族だろう。

 キスミミ一族は港を管轄し、海の交易に活躍した人々と考えると、大隅の歴史はダイナミックなものとなる。
 















| | コメント (0)

お年玉は火山灰(鹿屋市池園町)

 1月2日。今朝も昨日と全く同じ天気だ。

 空全体がどんより曇り、東を見るとやはり肝属山地の上空には黒っぽい雲が停滞していた。Cimg1803 7時40分頃の東の空。Cimg1804 高圧鉄塔の真上がこの時期の日の出の位置で、分厚く覆った雲の小さな窓から光が放射されているだけ。

 それでも30分もするとあの黒い雲の上から太陽が顔をのぞかせたが、これも昨日と同じパターン。

 ただ、昨日の元旦と違うのは西からの強風がほとんど吹いていないことだ。少しはましか。

 ところが、である。

 西側の窓ガラスを見て驚いた。桜島由来の灰がべっとりと付いているではないか。Cimg1807 昨日は小雪まじりの強風だったため、外には郵便物を取りに出たくらいで気づかなかったが、窓ガラスといい戸袋といい、相当な灰をかぶっていた。Cimg1806 戸袋の色だと灰の白さがよく目立つ。これが家の西側の戸袋。Cimg1805 こっちは真反対の東側の戸袋。西風が直接当たっていないのでうっすらと被った程度。

 大晦日の早朝にかなり大きな爆発があったようで、朝の「桜島噴火情報」というテロップで表示されたが、桜島の上空3000m以上にまで吹き上げたらしい。それが北西の強風で流されてきたのである。

 鹿児島のNHKのホームページでは桜島の噴火情報がかなり克明に記載されているが、それによると大晦日は早朝と夜8時頃と二回の爆発があり、それぞれ449回目と450回目ということだそうだ。

 2年以上前は800回とか900回も爆発・噴火した年が何年も続いたが、去年・今年と回数は半分程度に減少している。

 それはそれで降灰の影響が少なくて済むからいいことなのだが、しかし桜島上空3000mまで吹き上げるような大きな爆発・噴火が増えているのが気になる(注:爆発は火口から溶岩流はない。噴火は溶岩が流れ出る)。

 もしかしたら、粘着力の強いタイプの熔岩(マグマ)が増えてきて爆発しづらくなっているからなのかもしれない。そうなると蓋が重いため相当に貯めこんでから一気に放出(噴火)という可能性が高まってくる。クワバラ!クワバラ!

 

 Cimg1809 外回りを眺めているうちに家の中からモモが出て来ていた。寒いせいかこっちに向かって甘えた声で近づこうとしているところに、ウメが先に鼻面でモモを嗅ぎ始めた。Cimg1812 ほら、モモ!ちゃんとウメと顔を合わせて正月の挨拶でもせんか!

 あら、あけまして(目が片目だ)、お目出とうネ・・・。

















| | コメント (0)

謹賀新年2015

 謹賀新年! 明けましておめでとうございます。

 今年もどうぞよろしく。

 夜来の雨は止んだが、元旦の朝は曇り空。

 晴れていれば、7時20分頃には日の出が見られるということだったが、あいにく空一面に厚い雲が広がっていた。Cimg1793 我が家の庭からは地平線の向こうに横たわる肝属山地の稜線から、朝日が昇るのが見えるのだが、雨雲が邪魔をしている。Cimg1797 畑の中の高圧線鉄塔の真上あたりから日が昇っているはずだが・・・。Cimg1799 あきらめて家の中に戻り、神棚に餅や雑煮をお供えしたあとの朝食後に、表が明るくなり日が差したので急いで出てみると、たしかに雲の上に太陽が顔を出していた。

 柏手を打ち、今年の家内安全・社会無事ならんことを祈る。

 このブログを見て下さる皆さんの健康・無事をも祈ります。

 

 三日ほど前に天気予報を見ていて元旦は曇りか雨と知り、まず初日の出は拝めないと思っていたので、前日の大晦日の朝、とある場所に出かけて日の出を撮っておいたので御覧に入れる。

 とある場所とは、今度開通した東九州自動車道の笠野原ICから東原ICの中間地点である。この区間をこのあいだ通った時に、笠野原台地全体の眺望がすばらしいことに気付き、この区間なら日の出が拝めるのではないかと思っていたのである。

( ここは東九州自動車道の本線ではなく、鹿屋から同自動車道に乗り入れる取り付け道路なので駐車帯も多く、車から降りて撮影した。7時15分頃とあって通行する車もほとんど無く、邪魔にはなっていなかった、と思う。 )

Cimg1787 笠野原ICから入って北上して行くと2キロくらいで高隈山系の全容が姿を見せ始める。Cimg1778 真ん中のピークは高隅御岳(1182m)。右手には小箆柄(このがら)岳の小ピークを経て最高峰の大箆柄岳(1237m)。千メートルくらいから上には朝日が差し始めている。Cimg1777 反対方向を振り返ると、今まさに日が昇るところだった。どうやら肝属山地の東の外れで、波見(肝属川河口)のすぐ上のランドマーク「権現山」(320m)の辺りからのようだ。Cimg1780 手前の畑は厳しい霜に覆われていた。


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »