« 緋寒桜が満開(肝付町検見崎) | トップページ | 垂水歴史散歩 »

岩ツツジが咲く(鹿屋市萩塚・池園町)

 このところぐずついた空模様が続く。桃の節句が過ぎたのに春が足踏みをしている。

 しかし晴れれば晴れたでスギ花粉の大乱舞となるから喜んでばかりはいられない。おまけに中国大陸のほうからは黄砂も飛んで来る。加えて大隅半島方面には桜島からの降灰もある。

 午前8時過ぎに吾平の温泉センター「湯遊ランド」に入りに行ったら、道々にもう岩ツツジが咲いている家があった。帰宅してからデジカメで撮影してきた。Cimg2407 萩塚町の民家入り口。高さが3㍍以上はあり、岩ツツジにしては大きい方だ。Cimg2409 上のアップ。太い幹ではなく細い幹がたくさん立ち上がっている。Cimg2410 道路沿いのよく目立つ岩ツツジ。Cimg2411 小奇麗に造られた庭園の中にある。中から見たら佳い風景だろう。Cimg2415 萩塚町は岩ツツジを植えている民家が多いが、ここは初めて目にする。常緑樹の木々に埋もれている。外からも見えにくいが、中からも見るのが難しそうだ。Cimg2414 伸び上がって写したらなかなかのもの。蓮華色が何とも清々しい。Cimg2418 池園町の田園地帯では菜の花があちこちに咲いている。Cimg2416 池園町の民家の間の路地の角にある「田の神(タノカンサ―)」は、節句の桃の花が飾られ、白と赤で化粧している。ミニミニひな壇もある。どうやら女神さまのようだ。Cimg2420 最後に回った道路際の民家の入り口では、クチナシの花が丸く仕立てられて良い香りを漂わせている。これぞ、おもてなしの心と見た。

  春寒や こころにかほる 花の家 (おそ松)

























|

« 緋寒桜が満開(肝付町検見崎) | トップページ | 垂水歴史散歩 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緋寒桜が満開(肝付町検見崎) | トップページ | 垂水歴史散歩 »