« 危うし、桜島! | トップページ | 大丈夫か、桜島! »

玉泉寺公園の桜(鹿屋市吾平町)

 先々週の土曜日に開花宣言のあった鹿児島。最初の開花があると約一週間後に満開を迎えると言われている。

 しかし開花宣言の後はしばらく寒い日が続き、つぼみのままの状態だったが、ここ二、三日の高温で開花は一気に早まり、今日行ってみた玉泉寺公園では満開かと思わせるほど花が開いていた。Cimg2666Cimg2667 だが、桜に近寄ってよく見ると、実は8分咲きというところである。Cimg2670 明日あたりが満開だろうか。しかし満開を迎えるとすぐに散り始めるのが桜の性で、今度の土日ではおそらく葉桜になりかかっているだろう。Cimg2669 玉泉寺はその名の通り泉が湧く地に建立された。今でも大きな池が美しく残っている。Cimg2676 この寺跡が公園になったのは1983年。国際児童年に因むという。Cimg2668 この桜は園内で一番大きく、樹形も見事で、多分1983年に記念樹として植栽されたものだろうが、30年でここまで育つとは手入れもいいのだろう。Cimg2682 そもそも玉泉寺とは、開山が越後出身という源翁(げんのう)和尚で、曹洞宗の寺であった。源翁(1329年~1400年)は曹洞宗総持寺で修行ののちおもに関東地方でいくつかの寺を建立し、最後は茨城県結城市の豪族・結城氏に招かれ、結城氏の菩提寺を建立しそこで亡くなっている。

 そんな源翁がなぜ遠きも遠しこの吾平の禅寺の開山になったのか、謎だが、もちろん当時の吾平地方の豪族の招きであったに違いない。南北朝末期の豪族といえば大隅では筆頭が肝付氏である。しかし肝付氏には道隆寺という立派な禅寺があった。推測で言えば、当時の吾平の豪族には平良宗(季基の弟)の後裔で「得丸氏」「末次氏」などがいて命脈を保っていたと思うから、彼らのうちの誰かであろう。Cimg2672 公園内の一番高い所には歴代の僧侶の墓がある。南北朝末期から廃仏毀釈の明治初年まで500年の歴史もここに眠っている。Cimg2683 小高い僧侶墓地の下には湧水がある。これが「玉泉」という名の由来である。Cimg2684 比高で20㍍はあるシラス崖の下から、清冽な水がこんこんと(というよりか、ざあざあと)流れ出てくる。

 掬って飲むとたしかに美味い。たまに水汲みに来る人を見かけるが、これでお茶を淹れたら文字通りの「玉露」になるにちがいない。


























 

|

« 危うし、桜島! | トップページ | 大丈夫か、桜島! »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危うし、桜島! | トップページ | 大丈夫か、桜島! »