« 埋まらない与党内部の溝 | トップページ | 「例外なき国会承認」で合意 »

安倍首相と翁長沖縄県知事

 昨年12月の総選挙で選ばれた沖縄県知事の翁長氏と安倍首相の面談がようやく行われた。(画像は夕方7時のNHKニュースから。以下同じ)Cimg3028 知事に当選後、翁長知事が何度か本土へ足を運び面会を要請したが、政府側がかたくなに拒んでいた。しかし、2週間前に官房長官が米軍西普天間住宅の返還式に訪沖した際に水面下で会うことを取り決めていたようである。Cimg3017 知事はここでも撤回の一点張りだ。それはそうだろう、12月、沖縄ではすべての選挙で辺野古への基地新設に反対する人たちが選ばれたのだから。Cimg3018 沖縄県民の民意は「辺野古への新基地建設反対」なのである。Cimg3012 これに対して安倍首相は「普天間基地の危険性を除去するためには、移設しかない」というのは政府も沖縄も共通認識だろうから、Cimg3014 とりあえず米軍の西普天間住宅が沖縄県に返還されて良かったじゃないですか―とささやかながら成果をアピール。

 これと本命の普天間基地が返されれば、たしかに町のど真ん中にあり、いかにも「米軍によって占領されている沖縄」感は軽減されるだろう。うっとおしさは一つ消える。

 現時点で政府と沖縄の考え方の相違は乗り越えられそうにないが、「20年後には米軍が日本から撤退する」くらいの希望的観測のもと、辺野古基地は将来の専守防衛の日本自衛軍の基地に転化できるかもしれない。

 知事もここは呑んで、沖縄振興策に焦点を絞って取り組んだらどうだろうか。祈りの島・癒しの島沖縄ガンバレ。
















|

« 埋まらない与党内部の溝 | トップページ | 「例外なき国会承認」で合意 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埋まらない与党内部の溝 | トップページ | 「例外なき国会承認」で合意 »