« 五月晴れと蓮華草(鹿屋市古前城町) | トップページ | 箱根火山が新しいステージへ »

2015春のばら祭りのステージ

 5月6日、連休最後の日に2回目のばら園までのウォーク。

 午後2時半からエイサーと鹿屋出身のものまね歌手・英明のステージがあるのでそれに合わせて、1時半に家を出る。

 園に着いたのが2時25分。Cimg3332 この日は開花状況が9割と、見応え十分。しかし入園料は310円と安く設定してあった。この分だと、この春の祭り期間中はこのままだろう。観光客にはありがたい。Cimg3366 あらゆる種類の色とりどりのバラが咲いている。Cimg3335_2 ただ今年はつるバラが不調のようで、これなんかも下の方は咲いているが、アーチの部分はまだまだである。Cimg3344 つるバラのトンネルのすぐ脇にあるステージでは、もうエイサーが始まっていた。演じているのは鹿児島うるまエイサークラブで、鹿児島市を中心に活動しているグループだ。Cimg3343 エイサーは沖縄で、もともとは本土のお盆のような行事の時に繰り出される「鉦踊り」が沖縄ふうにアレンジされて広まり、芸能化され、いつでも踊られるようになったものである。Cimg3340 ステージではなく野外で踊るのが普通で、このグループもステージから観客のいる広場まで下りてきた。

 全身を使う結構ハードな演技で、6曲ほど30分もやったので下手なスポーツよりカロリーを消費したにちがいない。Cimg3361 10分くらいして英明のステージが始まった。Cimg3362 歌そのものもだが、歌の合間のトークが格段にうまくなっている。特に鹿児島弁での「かあちゃんネタ」は笑わせる。Cimg3352 持ち歌の徳永英明の「レイニーブルー」と「壊れかけのラジオ」は無論だが、他に一青窈「花みづき」と中島みゆき「時代」の熱唱は素晴らしかった。Cimg3357 去年もやったサインボール投げ。歌いながらステージから観客に向かって投げるのだが、最後の一個は、午前のステージに引き続き見に来たという高校生らしき少女を二人、舞台に上げて躍らせながら投げ渡した。

 英明には残念ながらオリジナル曲がないので、メジャーなステージに立つのは無理だろうが、こうして場数を踏んで行けばそのうちに新たな分野も開けるかもしれない。




























|

« 五月晴れと蓮華草(鹿屋市古前城町) | トップページ | 箱根火山が新しいステージへ »

おおすみ祭礼と行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月晴れと蓮華草(鹿屋市古前城町) | トップページ | 箱根火山が新しいステージへ »