« これって「○○ハラ」? | トップページ | あいら夏祭り花火大会 »

星塚敬愛園夏祭り2015

 7月30日夕方から星塚敬愛園で夏祭りがあった。Cimg5134 今年は星塚敬愛園創立80周年。

 昭和10年に当地選出の衆議院議員永田良吉が「ぐらしか(気の毒な)人たちのために療養所を」と、大方の反対を押し切って誘致したのが始まりである。Cimg5138_2 7時過ぎから始まった歌謡ショー。今年は大江裕と中村美津子の二人。Cimg5140_2 北島三郎門下生で「のろま大将」という曲でヒットして歌手の仲間入りを果たした。

 本人の弁によると、祖父が鹿屋市吾平町の出身であり、3歳のころから演歌歌手になるよう言い聞かせたという。

 120キロの巨体で物腰超やわらか―というキャラはなかなか面白いが、歌の方が浮いている気がするのは僻目か。むしろ師匠のさぶちゃんの持ち歌をカバーした時の方がのびも声量もあってよかったが・・・。Cimg5144 二人目は大御所中村美律子。

 大江君とは縁があって―という話は意外だった。ともに大阪でも南部の富田林と岸和田という「お上品な」土地の出身で隣同士のようなもの。しかも、どちらも鹿児島には縁があり、大江が祖父の出身地であるなら、中村は母が鹿児島出身だそうである。Cimg5141 自身最大のヒット曲「河内おとこ節」は最後のアンコールで披露したが、その直前の「セリフ」入りの曲「壺坂情話」(おさと・沢市)が素晴らしかった。

・・・中村はこの曲に因み(盲目の沢市が壺坂寺信仰とおさとの純愛で開眼する内容)、盲導犬協会に盲導犬を今年までで合計36頭も寄付しているそうだ。偉い!

 その他、持ち歌5,6曲と美空ひばりのヒット曲3曲を舞台を下りて観客席に入り込んで歌ったのには観客も大喜びだった。

 余韻冷めやらぬうちに、花火の打ち上げが始まった。Cimg5150 9時から始まって30分ばかり、いつもより2倍から3倍の時間上がっていたが、Cimg5166Cimg5169 隣りで見ていた人と、「今年は創立80周年というので多目に上げたのでは?」「ああ、そうでしょうな」などと話したりしたが、ちょっとした町の花火大会に匹敵するほどの見応えがあった。

















|

« これって「○○ハラ」? | トップページ | あいら夏祭り花火大会 »

おおすみ祭礼と行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これって「○○ハラ」? | トップページ | あいら夏祭り花火大会 »