« エリザベス女王の在位 | トップページ | 10党の意見開陳 »

首都直下型地震?

 けさ早く、5時50分頃に東京湾を震源とするマグニチュード5.2の地震が発生した。Cimg5756 今朝は寝坊して起床が6時半を回っており、すぐにウメの散歩をして帰ってみたらNHK7時のニュースで地震発生を報道していた。Cimg5758 東京都下の調布市で震度5弱を観測した。この時点ではまだマグニチュードは5.3、震源の深さは70キロとしていた。Cimg5760 7時50分から気象庁で公式の見解発表があった。

 Cimg5762_2 それによると震源は東京湾で、深さは56キロ、マグニチュードは5.2というもので、東京湾の下に潜り込んでいるフィリピン海プレートの内部で発生したということであった。 震源は東京都と神奈川との境目あたり、ちょうど羽田空港の直下になっていそうだ。

 もっと浅い所で起こっていたら、東京全体が震度5以上で道路の陥没や水道管の破損などの被害が出ていたかもしれない。

 このところマグニチュード5クラスの地震が立て続けに発生している。火山活動との関連も言われるが、今回のは(首都)直下型地震の一種で直接の関係はないだろう。

 しかし油断は禁物である。最近、茨城県沖でもМ5クラスが起きており、ともに来たるべき大地震の前触れと受け止めてもおかしくはない。

 南九州でもМ5以上の地震が5月、8月、9月と起きていて、こちらもやや異常値に近いという印象が拭いきれないでいる。

 その際М5クラス以上の地震の前触れとして、青空に放射状の筋雲群が現れるような気がする(実際観測した)。

 もし気になるのであれば飛行機雲とは明らかに違う非常に滞空時間の長い筋雲が何本か規則正しく一定方向を向いて出ているかどうか確かめて見たらよい。

 ※ただし、直下型地震では長い筋雲になるのかどうか、我が経験則には今のところ無いので、まずは雲のいつもと違う怪しい並び方に着目して欲しい。


 




|

« エリザベス女王の在位 | トップページ | 10党の意見開陳 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリザベス女王の在位 | トップページ | 10党の意見開陳 »