« 自由民主党発足60年 | トップページ | 弥生時代中期から後期にかけての天変地異 »

近隣の秋模様

 明日から秋の彼岸に入る。

 このところまだ日中の暑さは相当なものだが、朝夕はめっきりしのぎやすくなり、早朝などは草に露がびっしり降りていることが多くなった。

 ウメの散歩コースの畑の畦には雑草の中、秋らしい花がつんつんと生えている。Cimg5931_1 このピンクの名も知らぬ花は球根で殖えるようで、去年の同じ時期にこれほど群生しているのを見たことがなかった。Cimg5946_1 彼岸といえば定番の彼岸花が、今年も彼岸を待ちかねたように律儀に咲き出した。Cimg5948_1 この畑はサツマイモを収穫したあとに大根を蒔き付けたようで、芽を出し始めて双葉がきれいに並んでいる。Cimg5945_1 同じ散歩道にある小ネギのハウスでは芽が出て10日ほど。姿かたちはすっかりネギそのもので、遠くまで一直線で伸びる緑はみずみずしい。これがあと30日もすれば立派な商品になる。Cimg5938_1 我が家の傍を通る県道の向こうでは、5,6名の人たちがサツマイモの収穫の真っ最中。Cimg5939_1 トラクターで掘り起こし、別のトラクターに装着した袋にみんなで投げ入れている。Cimg5952_1 少し離れた畑では、掘り起こしたほとんどの芋はすでにデンプン工場に運ばれたあとらしく、残りの芋を農婦がコツコツと選別しながら網状の袋に入れていた。

 間もなく袋が一杯になりそうだ。
















|

« 自由民主党発足60年 | トップページ | 弥生時代中期から後期にかけての天変地異 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自由民主党発足60年 | トップページ | 弥生時代中期から後期にかけての天変地異 »