« 雨が欲しい10月 | トップページ | したたかなり、英国 »

ネギはネギでも(鹿屋市池園町)

 今朝7時半頃、町内会の班のゴミステーションにごみを置きに行く途中、ネギのハウス群の一角で収穫の作業している人に出会ったので中を見せてもらった。Cimg6492 長さ25~6センチに伸びた小ネギを端から選別しながら抜いて行く。

 すでに左側の1棟分は収穫し終って、いま2棟目の三分の一ほどが終わったところだ。収穫まで夏場で2ヶ月、冬場では3ヶ月かかる―と説明してくれたおじさん(左側後ろ向き)は、写真を撮らせてと言うと「構わんよ」と言いながらくるっと向こうを向いてしまった。Cimg6494 このおじさんは、いつもハウス群の事務所に5時半頃には来ている人で、6時頃のウメの散歩に時、たまに挨拶することがある。

 今日はみんな向こうのハウスでタマネギ苗の収穫をしている―というので我が家から見える別のハウス群の方へ行ってみた。Cimg6495 いるいる、女性作業員が8名、それにタマネギの苗を50本ずつテープで巻いたり運んだりするこのハウス群を経営している会社の若い従業員が3名、都合11名の人たちがせっせと収穫していた。Cimg6496 今朝7時からの作業だったのだろう、わずか30分でタマネギの束がかなりの数になっている。

 これはどこに出荷するの―と若手に聞くと、「ちょっとそれは言えないんですよ」とはぐらかされた。企業秘密というほどではないのかもしれないが、取引先の関係で言いにくいのだろう。

 小ネギは出荷価格が通年で決まっているようだが、タマネギや春先のサツマイモの苗の場合はその時の需要と供給量により、また取引先の取引量と顧客度によって値段はかなり上下するようだ。

 今年の場合、播種してから台風の被害がほとんど無く、天候も晴天続きだったので豊作のようだ。見た目にも品質は良い。豊作となると相当に安くなってしまうのが農産物の常だが、苗として売るものについてはどうなんだろう。

 地元の園芸店などでもタマネギの苗は50本単位で売っているが、300円から500円くらいの値段だと思う。以前に何回か買って植えたことがあるが、苗50本全部が上出来ならまあまあだが、半分くらいでは手間暇(今頃から植え付けて収穫は3月)を考えると買ったほうが安くつく。

 先月の19日にアップしたブログ近隣の秋模様では、このハウス内のタマネギを「播種してから10日ほどできれいに出揃った小ネギ」というように紹介していたが、あれは誤りで、ネギはネギでも「タマネギ」だった。訂正いたしまーす。

 小ネギは播種してから2ヶ月から3ヶ月で製品として収穫されるが、タマネギの場合は苗採り用なら播種して40日位で収穫される―ということになる。ただし上で触れたように家庭菜園で播種から収穫(新タマネギ)までとなると6ヶ月はかかる。よほど菜園が広く、かつ新タマネギ愛好家、かつ気の長ーい人向きの作物である。



 

|

« 雨が欲しい10月 | トップページ | したたかなり、英国 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨が欲しい10月 | トップページ | したたかなり、英国 »