« 「笑点」が放送50周年 | トップページ | 生涯学習発表大会(鹿屋市東地区) »

目覚めた桜島

 去年の9月以来4ヶ月余り、まったく活動していなかった桜島が今日の夕方6時56分に突如再開された。Cimg8028 画像は8時のNHKニュースから。以下同じ。Cimg8034 鹿児島市方面から見た噴火。Cimg8036 久々の爆発的噴火で火口から半径2キロは噴石や火砕流の危険があるとして注意を呼び掛けている。Cimg8032 気象台ではすぐに噴火警戒レベルを2から3に上げた。

 これまでのレベル2というのが有り得ない数値で、3が当たり前のレベルだったのが、ここ8年ばかりの桜島の常態だった。

 去年の9月はいったいなぜ噴火爆発が終息したのか、原因はよく分かっていない。

 桜島が「一休み」している間、鹿児島県では南西諸島のトカラ列島や奄美近海などでよく地震が発生したが、あれと連動しているのかどうか?

 霧島連山でも小規模ながら硫黄山で蒸気爆発が起きている。

 爆発的噴火が続くのか、それとも数回でまた収束していくのか予断は許さないが、続けば北西の風に乗って垂水・鹿屋方面に火山灰の降ることが多くなる。

 そろそろスギ花粉が飛び回るというのに、灰まではいらない。










|

« 「笑点」が放送50周年 | トップページ | 生涯学習発表大会(鹿屋市東地区) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「笑点」が放送50周年 | トップページ | 生涯学習発表大会(鹿屋市東地区) »