« 未知の活断層 | トップページ | トランプ大統領待望論 »

桜島の爆発的噴火

 4月29日午後5時17分、桜島がかなりの噴煙を上げた

 今年41回目の爆発で、噴煙は3500mまで上がったというから、おそらく今年になってから最高高度の噴火であった。

 6時過ぎのニュースで見ていて噴煙の流れる方向が南東方向と出ていたので、「まずい、こっちに向かっている」と、デジカメを手に庭に出た。Cimg9011 玄関を出てすぐに南を見上げると、それまでほぼ快晴だった空に重い灰色の雲が横たわっている。噴火後50分ほどでここまで飛んで来たことになる。Cimg9010 その灰色雲(火山灰)の行く手を見ると確かに南東方向だ。Cimg9006 庭の南のはずれからは真西が見えるが、沈もうとしている太陽を真っ黒な灰雲が覆っていた。Cimg9008 西のはずれのビニールハウス群に近づいてみると、その灰雲からいま盛んに地上に向かって灰が落ちていくのが見える。夏になると激しい雷雨の時に、遠くで雷雲から霧状のシャワーのように雨が降り注ぐのを目にすることがあるが、ちょうどあんな塩梅で灰が降っている。

 落ちている場所はわが家からはだいぶ西寄りで、もしかしたら鹿児島湾かその沿岸部だろう。どうやらこの辺りは直撃を逃れたようだ。

 今年の冬は桜島の爆発的噴火が嘘のように少なかったので、降灰に悩まされるということがなかった。だから今日のは「久しぶりだねー」くらいな感じで受け止められたが、しかし四月も末になってこっち方面へ向かってくること自体には首をかしげる。

 おおむね4月に入ったら降灰は東風で西方面、つまり鹿児島市方面に降るのがこれまでの通例だったのだが、どうもこの頃は西風の日が多い。去年も寒い四月だったが、今年はそれ以上に寒く感じられてならない。










|

« 未知の活断層 | トップページ | トランプ大統領待望論 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

今朝、露天風呂へ。
土砂降り。
湯船の中がザラザラしてる。

そのうち、頭までザラザラ。。

なんとま、桜島の降灰です。

五月になれば、この国分方面へ
飛んできます。。
今朝も大きな噴火があったのでしょうね。
雨で見えませんでしたが、
肌で感じました。

大隅半島方面は
年中行事だから
ご苦労が偲ばれます。

投稿: 降灰 | 2016年5月16日 (月) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未知の活断層 | トップページ | トランプ大統領待望論 »