« TICAD初めてのアフリカ開催 | トップページ | 日韓併合の一場面 »

安芸の多祁理宮

 岡山の息子一家のところに行ったついでに、安芸の多祁理宮のあったという府中町を訪れた。「安芸の多祁理宮(あきのたけりのみや)」といっても知らない人の方が圧倒的だろう。
 Cimg2163
 広島県安芸郡府中町本町に鎮座するこの「多家(たけ)神社」を中心とするあたり一帯が「多祁理宮」のあった場所で、南九州からの神武東征軍(船団)がここに滞在したというのが記紀の伝承である。

 ただし、古事記では「多祁理宮」だが、日本書紀では「埃宮(えのみや)」という名称であったとしている。この神社では社名を古事記の「多祁理」の「たけ」から「多家」と名付けたものの、社名の脇にはカッコして「埃宮」を追記してある。要するに古事記と日本書紀どちらの記載からでも分かるように、「神武東征の途次に滞在したのは安芸国ではここ多家神社である」と両論併記してあるのだ。

 実はこの「たけ」も「え」も南九州には共通の地名が見られる。
 「たけ」は古事記で南九州熊曽国を「建日別(たけひわけ)」と言っているように南九州そのものを指し示し、また薩摩川内市にある皇祖ニニギノミコトを祭る山陵を「可愛山陵」と書いて「えのさんりょう」と読ませているように、「え」が使われているのである。Cimg2173
 立派な鳥居をくぐって80段ほどもある石段を上がると広い境内で、その先に社殿が見える。社殿の近くには両脇に花崗岩の標柱が立ち、漢文から取られた句が彫られている。(この字を書したのは江戸時代の広島藩主(42万石)であった侯爵浅野氏。)
 御祭神は神武天皇で、相殿に安芸国の祖「安芸津彦」が祭られている相当に由緒のある古い神社である。Cimg2161
 多家神社とは小さな流れを挟んで反対側にあるのが、「府中町歴史民俗資料館」だ。

 ここの館長さんに話を伺うと、神武天皇の腰掛石などの史跡もあるが、神武東征となるとほぼ懐疑的であった。館長さんは自分と同世代か少し上と見えたが、さもありなんで、我々世代からは戦前の「記紀神話はすべて真実」という太平洋戦争遂行上の「皇国民教育」は完全否定されて教えられたので無理からぬことである。

 しかしだからといって「記紀」は怪しげな書であるからと無視するのでは元も子もない。私はよく「汚れた水だけを捨てればよいのに、赤ん坊まで捨ててしまった」という比喩を使うのだが、「戦争遂行上の皇国民教育による記紀解釈」という「汚れた水」だけを捨てればいいのであって、記紀まで捨ててはいけないのである。

 館長さんは、この付近には「安芸国府跡」があり、「総社跡」も存在するから非常に重要な場所であったことは史実であると太鼓判を押された。
 
 自分としては古代から府中町でも要枢の地であればこそ、神武船団もここに船舵を休ませたのであり、もしかしたら水先案内人の世話でここにしばらくの行宮を建てて住んだのかもしれない。その名残が「多家神社」となったのではないかと考えることができるだろう。

 神武東征船団は古事記ではここに7年滞在したとし、日本書紀ではわずか3か月ほどしかいなかったように記載するが、どちらを取るにしてもそれだけ長期の滞在期間を支える現地豪族の受け入れ態勢が大きくものを言ったのである。(同じ東征上の滞在期間で古事記と日本書紀で大きく食い違うのは何故か? これについては二度の「東征」―神武と崇神―があったのだろうと拙著『邪馬台国真論』(2003年)で論じた。)

 「たけ」と「え」という南九州由来と思われる名称の他に、もう一つ「神武東征」の史実性を窺わせるのが、「鹿籠」という地名である。
 
 この地名を館長さんに言うと即座に「それはコゴモリと読むんですよ。ええ、ここから南にある地名ですよ」と、私が「かご」と読んでいたのを訂正して教えてくれた。

 薩摩半島の有名なカツオ節産地である枕崎市に全く同じ字を書いた地名がありましてね――と返すと、ほほう、と驚きを隠さなかった。
 
 コゴモリはもっと海に近い所で、何でもそこでは鹿を飼っていて宮島からの平家の密書を鹿の角に付けて遣り取りをしていた、という伝承があるそうだ。
Cimg2164
 そこで多家神社のすぐわきの道を南に向かった。Cimg2185
 「空城山」(あきしろやま)の麓を通ってちょうど2キロほどにもう一つ小高い丘があり、そこに「鹿籠神社」が鎮座していた。Cimg2188
 参道を3~40メートルも進んでいくと正面に社殿が見えた。と、その手前が池になっているのに気づく。池を覗き込んでいた保育園児と思しき女児を連れ赤ちゃんを抱っこしていた母親に尋ねると、池の中に錦鯉がいるのでパン屑をあげていたところだそうだ。

 池の向こうに社殿があるといえば、神様は海の関係だな――そう思いながら境内の掃除をしていた神主さんに問うと「宗像さんの女神で、イチキシマヒメですよ」とのたもうた。

 海の神様には違いないが、宗像大社の御祭神であるのなら北部九州の胸形族との関連なのか。
 神主さんもさっきの史料館館長のように宮島との連絡に使った鹿の伝承を話してくれたが、話しながら腑に落ちないようでもあった。

 この神社は昭和29年に再建されるまで、しばらく多家神社の摂社・貴船神社に合祀されていたが、地区民の霊夢により多家神社から引き離されたという経緯を持つ。

 神社の裏手は小高い丘で、その湧水で池が満たされていたのだが、高いマンションが建設されてから水が乏しくなって汚れが目立つようになった――と神主さんは諦め顔であった。
Cimg2240
 これは多家神社から鹿籠(こごもり)神社までの都市地図で、多家神社を含む一帯が古代からの要衝の地で、そこから南へ約2キロの鹿籠神社界隈はほぼ古代の海岸線である。

 ここに宮島との間を密書を角に付けて往復する鹿が飼われていたというのは漢字の「鹿」からくる連想で、応神天皇の13年条に注記として「南九州から鹿の皮をかぶった船団」があって彼らが船を着けたので「加古(鹿子)川」(兵庫県加古川市)という地名になった――とあるように、鹿とは実は「鹿子(かこ)」すなわち「舟子」のことではないだろうか。

 つまり府中町の地名「鹿籠(こごもり)」とは本来、薩摩半島の枕崎市にあるように「かご(鹿籠)」(かこ)なのであり、舟子(航海交易業者)の多く住んでいた場所のことを指すとした方が合理性があろう。

 この鹿児島(このカゴも鹿子すなわち舟子だろう)に由緒のある地名を持っているからには、やはりそこにいた航海交易民も鹿児島由来としてよく、航海交易を業とするからには海の女神「イチキシマヒメ」を祭っていて何らおかしくはない。

 以上、「たけ」「え」「かご」というように南九州由来と思われる地名・名称が府中町の狭い地域にあることを示した。
 神武東征と言い切ってよいか判断は分かれるが、少なくとも南九州からの相当な数の人々の移住の跡が古代安芸国の中心地であった府中町に見られることは確かである。

|

« TICAD初めてのアフリカ開催 | トップページ | 日韓併合の一場面 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TICAD初めてのアフリカ開催 | トップページ | 日韓併合の一場面 »