« 円形周溝墓の初源地 | トップページ | 台風16号の上陸 »

まだ続く沖縄への押し付け

沖縄本島北部の在日米軍訓練場にヘリポートを建設するために、自衛隊の大型ヘリが資材運搬に動員された。異例のことらしい。

 北部訓練場の一部が県に返還された見返りにヘリポートを新設する工事だそうだが、返還ならいっそ全面返還が望ましいのに米軍はあの手この手で沖縄の広大な基地を手放そうとしない。沖縄県民もがっかりだろう。

 相前後して福岡高裁の沖縄支部では翁長知事の辺野古基地建設ストップに対する国の訴えを認める判決を出した。ほぼ国の主張に沿ったもので、翁長知事は「三権分立に反する判決だ」と憤りをあらわにした。

 判決内容で一番気になるのが、「外交・軍事は地方自治体の裁量圏内にあらず」という判決要旨で、これは――日米の間では日米地位協定および日米行政協定が結ばれており、日本政府にも最終的には自由裁量はなく、アメリカ様の言いなりになるしかない――ということの追認である。

 この地位協定・行政協定は日米安保に付随して結ばれたものであるから、アメリカの態のいい占領続行政策に軸足を置いた日米安保を解消するしか根本的な解決策はない。

 日米安保を解消したら中国(ロシア・北朝鮮)が攻撃してくる――というのが安保堅持論者の即座の反論だろうが、いったい中国が何を理由に日本に攻撃を仕掛けてくるというのだろうか。

 尖閣諸島を占領してくる――というのが今のところ一番可能性としては有り得るケースだが、彼らがそうしたらすぐさま国際世論に訴え、国連に訴えれば中国がいくら強弁しても非難をごうごうと浴びるだけで、いよいよ中国は国際的な孤立度を高め、下手をすれば共産党政府にとって命取りともなりかねない。

 つまりその時は日米安保が無くても日本の訴えに対して、米国はじめ多くの西側諸国および東南アジア諸国は中国非難の国連決議に持ち込み、経済制裁まではいくことはないと思うが何らかの制裁措置がとられるに違いない。国際世論(メディア)も連日大きく取り上げるだろう。

 そうなった場合、中国はさらなる侵略(例えば先島諸島への侵攻)をするだろうか。日本国民(住民)のいる島まで上陸しようとするなら、憲法9条が否定していない「個別的自衛権」に基いて自衛隊が出動して武力対応するしかない。

 米軍はたとえ今の日米安保が締結された状態でも、アジア太平洋政策における「リバランス」とやらで洞ヶ峠を決め込むに違いない。何しろ中国を敵に回したら最後、中国の有する天文学的なアメリカ国債は売りに売られて紙くずのようになり、アメリカ経済はいっぺんに信用を失い経済大国の地位から引きずり降ろされるのだから。(このことがあるから「リバランス」しているから手を出せないよ、と前もって言ってきたのだろう。)

 自国民が自国内において軍事的な危機にさらされたらただじゃすまない――とあくまでも「専守防衛」を堅持しつつ、中国軍が上陸もしくは先島諸島の領海に侵入して来たら徹底的に攻撃すればよい。国際的には何のお咎めもない軍事力行使である。

 このとき国際世論が「日本は憲法9条で戦力不保持を言っているのに、武力行使とはけしからん」ということは100パーセント有り得ない。そんなことを言う者がいたとしたら(むしろ国内に多くいるだろうが)、そういう輩は中国共産党寄りの代弁者か、ひょっとしたら金(利権)を握らされた奴だろう。

 第一まず、世界のそういう輩は自衛隊という武力機関のある事さえ非難してくるはずだが、そう言った杓子定規的な9条解釈を楯にして突っ込んでくる諸外国人を僕は寡聞にして知らない。

 国際世論のほとんどは日本の反撃を支持するはずだ。むしろ「よくやったぞ日本!」と歓迎されるだろう。国際的にはそれが今の日本の置かれた評判である。

 そこに米軍の後ろ盾があるのとないのとでは全然違う――などと日米安保堅持論者はあくまでも言うに違いないが、そんな他国頼みの腰の引けた人間はもう世界の誰からも相手にされないだろう。当のアメリカでさえ「もう日本を守れない(守らない)」(――ここは若干微妙だが)と漏らしているし、今度アメリカ大統領に当選するかもしれない公算の大きくなったトランプ候補によれば、駐留米軍の経費をもっと負担しなければ撤退する――と息巻いている。

 さあ、どうぞ出てってください、長い間お世話になりました。---そう,僕は大歓迎なのだが、安保堅持論者はこれに対してどう出るのか。「ハイ、ハイ、ごもっともです。思いやり予算を思いっきり増額しますよ。・・・それに尖閣で何かあったら一緒に戦ってくださいよ。お金はいくらでも出しますから」――こんな風に云うのだろうか?

 さあ、日本を守るために米軍が血を流したら、あの湾岸戦争に出兵しなかっただけで130億ドルを拠出せざるを得なかったが、「日本本土を守るために我々米国は血を流しましたよ」ならはるかに桁の違う1兆ドルか?

 まあ、金のこともだが、米軍のプレゼンスはいよいよ強まり、米中・米ロ戦争はもとより地球の裏側で米軍が「正義の戦争」を起こしたときには当然自衛隊も戦場に送られ、金どころの話ではなくなるだろう。日本が無くなるだろう。ハイ、それまでよ。

 こういうことにならぬよう、日本は専守防衛に徹した個別的自衛権だけは保持し、日米安保も集団的自衛権も保持せず、日本らしい国際貢献に邁進すべく、「武装永世中立」を宣言すべきだ。一番いいのは天皇の詔勅の形で国内・世界に向けて宣言することだと考える。


(追記)
 日米安保堅持論者は責任をもって沖縄の米軍基地を全国津々浦々に移設してハリネズミのようにし、日本を守ってもらうように米国にお願いすべきであろう。そうしないと「米軍の抑止力」が目に見えないので不安でしょうがないだろうし、それが沖縄に偏っているために手薄にならざるを得ない状況の解消になるはずである。これが最も完全な米軍による戦争抑止態勢ではないか。

 

|

« 円形周溝墓の初源地 | トップページ | 台風16号の上陸 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円形周溝墓の初源地 | トップページ | 台風16号の上陸 »