« 3年連続のノーベル賞 | トップページ | ノーベル文学賞2016 »

泥沼の豊洲市場移転問題

 小池新都知事が「都連はブラックボックスだ」と言っていたような事態になってきた。

 築地市場の豊洲への移設において、鮮魚・青果等の建物の地下が空洞になっていた問題で、専門家の「全面的な盛り土をした上で、その上に各施設を建設するのが妥当」という提案を無視して、東京都側が空洞を設けて建設したということが明らかになった。

 その空洞があるという認識を現場最高責任者の市場長が持っていなかったこともだが、小池都知事が再調査させてまとめた報告書にも、だれがいつそのような建設形態に変えたのかについても、全くあいまいなままなのだという。

 つまり誰が地下空洞を設けるように指図したのかが分からないのだというのである。

 呆れて物も言えない――とはこのことで、都連のみならず、東京都の行政組織の在り方そのものがブラックボックスだったということになる。

 役人は責任を取らされることを極度に恐れるものだが、それは公務というものが「自らの提案なり進言なりでどうにでもなる」というのとは対極の、「案件に予算が付いたから自分の意思を殺して執行する」のが公務だからだ。

 そういう役人心理をうまく衝いたのが自民党都連のドンに違いない。

 東京都の持つ豊富な予算(つまり利権)に絡んで、ひと儲けしようという阿漕な輩が、「予算をつけさせさえしたら、後はしめたもの」という腹黒で、東京都の役人をほんろうし続けた結果が今日の事態を招いているのだろう。

 都議でありながら大手建設会社のかばん持ちに食い込み、法外な建設費用をでっちあげて潤沢な東京都の予算を分捕り、その挙句に盛り土をしたように見せかけ、執行しなかったら本来東京都に返すべき金(予算)を搾取するという現代版「越後屋おぬしも悪よのう」の見本のようなやり方だ。

 そもそも石原慎太郎都知事時代に豊洲移転に踏み切ったのだが、諸施設の建設案として石原都知事自身が専門家に聞いた話として、「コンクリートの箱を積み重ねる方法」を会見で披露していたのが、事の発端だが、しかしその後は専門家会議で「全面に盛り土をした上で諸施設を建設する」ことが最終的に決まっていたはずである。

 ところが具体的な建設に取り掛かると、東京都側が説明もなしに「地下空洞」を設計に取り入れて建設してしまったのだという。

 その経緯が全く不透明なのである。

 そこに利権に絡んだ横槍が入ったとしか考えられない。ここがまさにブラックボックスだ。

 地下空洞という、一見すると透明なボックスに見えるものが、実は建設された経緯はブラックそのものなのである。

 石原元都知事はその辺りのことを知っているはずと思うが、最初は「解明に全面協力する」と言っていたのに、直近では「ヒアリングでは耄碌して記憶違いもあろうから、書面での回答にしてくれ」とトーンダウンしている。

 今年あの宿敵だった田中角栄を持ち上げて『天才』という本を書いているのに、「耄碌した」もクソないだろう。

 知事職の後半は週に2日くらいしか知事室に来なかったと言われ、まさに「殿様知事」になってしまったらしいが、それでは東京都の幹部連はじめ役人のタガが緩むのも当たり前だろう。

 その間隙をぬってうまい具合いに予算分捕りを実行したのが都連のドンに違いなく、役人も簡単に「ドンのひと声」で手懐けたのではないか。長い物には巻かれるのが公務員の性だから仕方がない。

 次期東京オリンピックの新設競技場でも当初予算が大幅にアップしているが、これも「越後屋」のなす所業だろうと思われる。

 とにかく、小池都知事の「自民党と対決してでも都民ファースト」という意気込みに期待したい。

|

« 3年連続のノーベル賞 | トップページ | ノーベル文学賞2016 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3年連続のノーベル賞 | トップページ | ノーベル文学賞2016 »