« 有言実行 | トップページ | マティス国防長官の来日 »

稀勢の里の土俵入り

 若乃花が横綱になって以来19年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里が、明治神宮に土俵入りを奉納した。

 型は雲竜型、太刀持ちは高安、露払いは松鳳山。太刀持ちの高安は横綱と同じ茨城県出身だ。誇らしかったに違いない。

 雲竜型は守りの型だという。稀勢の里の取り組みはまず相手をがっちりと受け止めてからの取り組みなので、守りの雲竜型は稀勢の里にふさわしい。

 大相撲という「国技」がモンゴルはじめ世界のいろいろな国からチャレンジしてくる若者に開かれているのには若干の違和感を感じる方だが、何にしても今度の稀勢の里の横綱昇進はうれしいの一言に尽きる。

 これからも横綱らしく堂々と相手を胸に受けてからの取り組みを期待する。

|

« 有言実行 | トップページ | マティス国防長官の来日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有言実行 | トップページ | マティス国防長官の来日 »