« 映画『海賊とよばれた男』を観る | トップページ | 桜の開花(吾平山陵の桜) »

森友学園問題

 瑞穂の国――と聞いて誰しも日本の伝統と平穏とを思い浮かべるだろうが、森友学園理事長・籠池氏の国会での証人喚問発言はそれと真反対のドロドロしたものだった。

 何といっても今度の喚問では安倍首相の関与があったかどうか、たとえ夫人の昭恵さんであってもこの学園とのつながりが取り沙汰されている以上、同理事長の発言は注目に値するに十分だった。

 昭恵さんはこの理事長の要請で何回か講演に行っている。その中で「昭恵さん自身が100万円の入った封筒を渡したというのだから事は穏便ではない。

 安倍昭恵さんが一時は名誉校長に就任した小学校だったため、大物人寄せパンダによる寄付金集めの一環だったと思われるが、それにしても証人喚問で堂々と当時の様子を再現して見せたのだから、昭恵さんからの100万円はあったとしてよいのではないか。


 この理事長が経営する幼稚園では園児に「教育勅語」を暗唱させるらしい。そのことも含めて「立派な日本人」を育てるというので、昭恵さんもある程度信奉していたのかもしれない。夫の安倍首相も満更ではなかったのではないだろうか。

 教育勅語は明治22年(1889年)に大日本帝国憲法が公布された翌年の23年に出されている。欧米列強に追いつくべく近代国家にふさわしい諸制度が整備され、その総仕上げとして対外的に謳ったのが大日本帝国憲法であるとすれば、対内的(国内的)に国民をむやみに近代化(欧米化)させないように作り出されたのが教育勅語であるといってよい。

 東洋的日本の精神的な教えを国民に忘れさせまいとする内容で、忠と孝による愛郷・愛国心に基づく道義国家を目指そうとするものであるから、たしかに近代的欧米的合理主義・個人主義とはかけ離れているが、普遍的なものを持っている。

 ただ、そのことと森友学園の幼稚園でやっている幼児に教育勅語を暗唱させることとは別物だろう。


 迂遠なようだが、また「風が吹けば桶屋が儲かる」的に聞こえるかもしれないが、今日の日本人の多くが失っているか失いかけている教育勅語的な感性、つまり親への孝行、兄弟の相和、朋友への信――というような道徳性を復活させたければ、日米同盟を廃棄して素の日本になることだ。

 対米お追従外交を強いられている日米同盟こそが、日本人本有の徳性を失わせている最大の障害だということに気づき、早く自動延長を停止すべきなのである。

 アメリカのような「すべてが金」「スポーツも金」「芸術文化も金」というライフスタイルこそが、人間の徳性を失わせている最大のルーツである。家庭すら無残にも崩壊の一途をたどっている。


 戦後の日本は戦勝国アメリカこそが日本のモデルだとして「お追従を交えながら」そのライフスタイルを真似てきたが、トランプが大統領になって何もかもが明るみに出始めている。

 日米同盟においても「米軍の駐留経費をもっと払え。さもないと引き上げる」と、実に率直である。「上等だ、もう日米同盟は解消だ、自動延長はしない」と言えばいいだけのことだ。

 日米同盟が無くなれば、日本人は人任せではなくもっとまともに国を守ろうという愛国心が出てくるし、ちょうどあの菅原道真が遣唐使を廃止したことによって「国風文化」(大陸文化の日本化)が花開いたように、欧米の文明・文化とくにアメリカの文化が和風化され、金でごたごたした(ちゃらちゃらした)油っこさが抜けてさわやかな文化に生まれ変わるだろう。

   

 「日米同盟が無くなれば、さあ待ってましたと中国が、いやロシアが攻めてくる」というような手合いが多いが、いったい何を根拠にそういうのだろうか?

 たとえば中国が南シナ海で不法に軍事基地を造作しているが、あれと日本を攻めてくるなどということとはまず無関係である。そんなことなら、尖閣諸島には民主党の野田政権が国有化する前に中国が占領していただろう。自民党政権は国有化に及び腰で、そのためにあの石原慎太郎元都知事が「やらないなら東京都が買うぞ!」と自民党のへっぴり腰に愛想をつかしていたのだったが・・・(石原氏もあの頃は元気があったよな。今は豊洲問題ですっかりしょげている・・・)。

 ある国を侵略するためにはちゃんとした理由がなければならないが、中国は何を理由にして日本に攻めてくるのだろうか? またロシアは何を理由にして日本を攻めるのだろうか?

 全く思い当たらないではないか。単なる米軍依存症の裏返し心理ではないか!

 共産圏諸国は何をするかわからない――というのは既に過去のこと、ベルリンの壁崩壊で新しい時代に入っている。

 ただ「専守防衛」の自衛隊は絶対に必要で、日米同盟解消後には「国防軍」に改称して万が一の備えはおさおさ怠らないようにしなければなるまい。


 森友学園問題から尾ひれがついてしまったが、意外と根の深い問題なのである。

 

|

« 映画『海賊とよばれた男』を観る | トップページ | 桜の開花(吾平山陵の桜) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎度

何を理由にって
現にどさくさに紛れて
ロシアは北方領土を占領したし
中国は尖閣はおろか沖縄・九州
まで欲しい言ってるのに
韓国は竹島は実行支配してるのに
ボケるのにも程があるのでは

盗りたいものがあるから
泥棒が入るのは小学生でも分かるのでは?

投稿: 太郎 | 2017年4月19日 (水) 11時04分

 竹島問題も北方領土問題もたしかに敗戦後のどさくさに紛れて乗っ取られた感が強いが、どちらもいわば米英の公認で(一方はマッカーサーラインで、他方は米英ソ連のヤルタ会談で)そうなったものであるから、日米同盟という(これも一種の敗戦後のどさくさによって結ばれたものだが)独立国家同士ではありえない軍事同盟が解消されれば、戦後体制の見直しが行われ、旧ソ連(ロシア)も変換交渉に真剣に取り組まざるを得なくなるはず。
 日本が戦後体制(その象徴が日米同盟)を脱却して真の独立国家になれば、軍事も外交も日本独自の平和民生主義で貫けるのだが、日米同盟によって外務省(また外務省の判断を鵜呑みにせざるを得ない首相)がアメリカの顔色ばかり窺っているようでは、ロシアからも中国からも可バカにされている(本気で国家間の交渉をしない)のである。

 また中国が云々はあれは口先だけの恫喝に過ぎず、気にする必要はない。もし、本当に侵略したいのなら尖閣は個人所有のうちに乗っ取っていただろう(ただし、その個人に補償の金品は支払っただろが。)その当時だったらアメリカも尖閣諸島の帰属に曖昧なものがあるとして積極的に中国の占領に対しては動かなかっただろう、今の南沙諸島のように。中国にとってチャンスだったはずである。
 オバマ政権で国務長官であったクリントン女史が「尖閣諸島も日米同盟の範囲に入っているから何かあったら米軍も出動する」と明言したのは、日本の民主党政権が同諸島を国有化し、はっきりと日本の領土と確定したからであるということを忘れてはならない。自民党政権では「中国を怒らせるまい」とのへっぴり腰で結局国有化できなかったのだ。

 第一、中国がもし侵略をするのであれば、台湾がその最初の対象だろう。台湾なら同じ中国国内問題であり、共産党軍に負けた蒋介石国民党軍が逃げ込んだ島なのだから、共産党側に「中国を統一する」という大義名分があるかぎり、侵略したとしても国際的にはある程度通用する話だ。
 まして台湾政府は旧国連安保理常任理事国でありながら、共産党政権が国連で承認されるとその地位を奪われて新入りの共産党政府に取って代わられた経緯があり、国際的には中国共産党政府が「中国唯一の正統政府」として認知されたわけだから、その点でも他国の容喙を無視してでも堂々と占領ができるのである。

 その点、日本への侵略はどうか?
 何の心配もない、単なる言いがかりだから、相手にしなければよいのだ。
 上でも述べたように、日米同盟が彼らの日本へ対する本気度の邪魔になっているのである。日米同盟が解消されれば、積極的な平和外交が展開されるだろう、むしろ望んでいるのは彼らの方なのである。
 

投稿: kamodoku | 2017年4月23日 (日) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『海賊とよばれた男』を観る | トップページ | 桜の開花(吾平山陵の桜) »