« 780億円が「小さなこと」か!! | トップページ | 森友学園理事長の会見 »

両陛下のベトナム訪問

 天皇・皇后両陛下がベトナムを公式訪問された。

 訪問された中で、特に「残留日本兵」の妻となり、ベトナムがフランスから独立を果たしてからは政治体制の違いのため日本へ帰国した夫を見送ったあと、戦後は女手一つで3人の子を育てたというベトナム女性(91歳)との面会には胸が熱くなった。

 「残留日本兵」とは、インドネシアでもそうであったように、欧米による植民地(インドネシアはオランダ、ベトナムはフランス)解放のために現地民と一緒になって戦った人々のことである。

 天皇陛下は「こういう歴史を振り返らなければならない」とおっしゃったが、千鈞の重みがある。

 戦後は勝者であるアメリカに支配されたため、「日本はつまらない戦争をした。勝てるわけのない無謀な戦争をした」という勝利者アメリカへの迎合史観が世を覆ったが、このような生き残りの女性が歴史の生き証人だ。
 日本は決してつまらない・無駄な戦争をしたのではなく、欧米のアジア・アフリカ分割植民地化の流れに、唯一有色人種の中で欧米の植民地化の動きに対抗し、アジア・アフリカ解放に向けて大きな働きをしたのである。

 残留日本人の中には「義勇兵」のような立場で残った人もいただろう。
 
 残念ながら北ベトナムは社会主義化したため、北ベトナムに残った人たちは帰国せざるを得なかったが、1964年に「トンキン湾事件」が発生し、以後、アメリカによるベトナム侵略戦争が開始され、多くの無辜のベトナム人が殺害された。
 
 結局は北ベトナムが南ベトナムを併呑して勝利し、統一国家が生まれたのだが、日本がアメリカ(連合国)敗れずにベトナム独立に手を貸していたら、もっと早く統一政権が出来ていただろう。ベトちゃん・ドクちゃんのような「枯葉剤(猛毒の除草剤)」散布による被害も防げていただろう。

 アメリカが南ベトナムから軍隊を撤退させたのは1973年、その後ベトナム国内で内戦が続いたが、1975年には北の解放戦線が南のサイゴンを陥落させ、1976年になって南北統一選挙により国名を「ベトナム社会主義共和国」として現在のベトナムが生まれた。

 日本人がベトナムから帰還してからちょうど30年後に、ベトナムはようやく自前(のベトナム人自身による)統一国家として本来のあるべき姿を現したのである。ベトナム人女性と結婚してまでベトナムの植民地解放のために働こうとした日本人がいたことを忘れてはなるまい。

|

« 780億円が「小さなこと」か!! | トップページ | 森友学園理事長の会見 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 780億円が「小さなこと」か!! | トップページ | 森友学園理事長の会見 »