« 衆議院議員定数の削減 | トップページ | 2020年問題 »

17回も会っているのに・・・

 一昨日、安倍首相はロシアのプーチン大統領に会い、翌日にはイギリスのメイ首相にも会うという歴代首相では突出した外交路線をとっている。

 にもかかわらず、ロシアだ。プーチンとは第一次安倍内閣の時に安倍首相が会談をして以来、実に17回目という大変な回数を重ねて会っているのだが、平和条約も北方領土の返還もどちらも袖にし続けている。

 これではいったい何のためにそれほどの逢瀬(直接の会談)を重ねているのか、意味がなくなってくる。

 安倍首相の意気込みは「自分の代のうちに平和条約を締結して、北方領土返還への道筋をつける」ことであるのは分かっているのだが、当のロシアの言い分は「北方領土は第二次大戦(末期に英米とで取り決めたヤルタ会談)の結果我々のものになった。返すわけにはいかない」で、その歴史観を打破することが北方領土問題を解決し、同時に平和条約を結ぶ近道なのである。

 ロシア(当時、ソ連)のスターリンとイギリスのチャーチルそれにアメリカのルーズベルトがソ連のクリミア地方ヤルタで密約し、ソ連の日本への参戦を促したのがそもそもの領土問題の出発点だった。

 ロシアのプーチンはこのヤルタ会談による「お墨付き」があるから、決して北方領土を手放そうとしない。したがってその「お墨付き」(によって生じた第二次世界大戦観)自体を無力化するべきなのである。

 その方途は、サンフランシスコ平和条約後にようやく「戦犯国」から独立自尊の国家として再評価された日本がいつまでも反共(対露・対中国)の日米同盟を結んでいることから自由になることである。日米同盟をやめて、太平洋戦争の「戦勝国・戦敗国」の関係を断ち切らなければ本当の「戦後」にはならない。

 安倍首相をはじめ自民党政権のトップは口を開けば「日米同盟は日本の安全のかなめであり、より強固にしなければならない」と口癖のように言明するのが常だが、これはロシア・中国から見たら、「日本は相も変わらず戦勝国(強い)米国のポチになっていたいんだな。情けない国だ。いじめてやろう」的なとらえ方をせざるを得ないのだ。

 「中国やロシアの軍事的脅威に対処するためにはアメリカ軍による後ろ盾が必要だ。現実的には自国で軍備を賄うよりこの方が安上がりなんだ」などと、腰の抜けた考え方が蔓延しているうちに、自分の国を自分で守ろうとしない超外交音痴国家に成り下がり、一般国民も「アメリカに守ってもらうのが最善」となり、いたずらに中国脅威論・ロシア脅威論が独り歩きしている。

 ロシア脅威論は中国に比べるとやや小さいが、それでも対米従属路線をとる日本の定番的な見方である。そこを安倍首相はどうにか突破したいようなのだが、残念ながら対米従属路線そのものをやめない限り、ロシア(中国も)は日本との本格的な平和条約締結や領土問題を棚上げにするだろう。日米同盟という敗戦の心理をそのまま引き摺っているような二国間同盟がある限り、日本の真の外交的な独立はないと見ているからだ。

 
 

|

« 衆議院議員定数の削減 | トップページ | 2020年問題 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント


毎度

あなたの意見も一つの方法ではあるでしょうけど
ロシア(プーチン)のしたたかさは万人が知る所で
極論、戦争で奪われた領土は戦争でしか
取り戻せないのでは?

専守防衛や非核、防衛力
敗戦後70年平和と繁栄を築いた実績は有るわけで
日米同盟が領土返還を妨げてると言うのも
現状では机上の意見に過ぎないかも。


投稿: 太郎 | 2017年5月 3日 (水) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衆議院議員定数の削減 | トップページ | 2020年問題 »