« 2020年問題 | トップページ | 満開のばら園 »

鹿屋市への提言

 鹿屋市に住んで丸14年、今年で15年目。

 その間10年前の平成の大合併が最も大きな変化であった。

 鹿屋市がついに10万都市の仲間入りをしたのである。

 10万の人口では政令指定都市になるわけではないので、合併のメリットはほぼ行政関連費用の削減に限られる。

 4市町の合併であったから、首長層(市町の執行部)が原則で4分の一になり、議員定数も半分以下になったので、これに掛かる経費は相当な削減になった。

 しかし市町の職員に関しては被合併町の旧役場が「支所」として生き残っているから、さほどの削減にはなっていない。

 何でも削減すればよいというものではないが、この首長層の削減で浮いた予算を市民サービスに有効に使おうという議論があってよい。


 ここからは提言になるが、市民サービスとは市民のためになるサービスのことで、鹿屋市では次にあげるサービスが最も欠けており、

 1、短大・専門学校・大学等の高等教育機関がない。
鹿屋体育大学・鹿屋市看護専門学校などはあるが、多くの鹿屋市民の子弟・子女は結果として対象から除外され、県外の高等教育機関に送り出し多額の教育資金を他県に送っているような状況である。

(解決策)高等教育機関の誘致または新設。
→具体的には、県立大学・短大の新設・誘致。または、市立女子高の専門学校(高等専門学校)への格上げ。

 2、レジャー施設が極めて少ない。
特に、家族が一緒になって楽しめる施設は皆無に近い。
→具体的には、遊園地の建設だが、3番目の「道の駅」との複合施設として考えてもよい。

 3、「道の駅」がない。
東九州自動車道の鹿屋乗り入れと、それとつながっている「大隅縦貫道」が整備されつつある。その入り口が鹿屋市笠之原町である。これからは笠之原地区が鹿屋のみならず大隅半島全体の「へそ」的な観光的役割を担うだろうから、笠之原インターから東原インターまでのどこかに新設すべきである。

 2と3を複合させても面白い。巨大な観覧車や、ジェットコースターなど子供の遊べるレジャーアイテムが付設されれば、それだけでも人の出を誘い、道の駅としても極めてユニークな施設として全国から、少なくとも九州圏からの集客は相当に見込めるだろう。観光客の絶対数増加こそが活性化のすべての原点なのだ。

 また、ちょうど30年前の3月に大隅半島から鉄道がすべて撤去されてしまっているから、道の駅全体を取り囲むようにミニSL・電車を走らせるのもいいかもしれない。子供を喜ばせること。これは市民サービスの重要な目録である。


 今どこの過疎地でも定住促進の諸施策を試行錯誤しているが、まずは現住の市民(子弟・子女)がこの街で学べ、家族そろって楽しめるという「自足感」を満たさなければ外に出ていくばかりだ。

 現在住んでいる市民の切実なニーズに応えること、つまり「市民ファースト」の視点が欲しい。10万都市なのに短大がない・遊園地がない・道の駅がない・歴史資料館(博物館など)がない・・・・・――とないない尽くし。これはこれで逆の意味で非常にユニークなのだが、これを積極的なユニークさに変えていかないと市民からそっぽを向かれるのではないだろうか。

|

« 2020年問題 | トップページ | 満開のばら園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年問題 | トップページ | 満開のばら園 »