« 異例の梅雨入り | トップページ | 加計学園問題 »

サフランもどきの開花

 これもまた遅れに遅れた。
 
 「サフランもどき」というサフランによく似た花弁とめしべを持つ花が、昨日から今日にかけて一斉に咲いた。

 この花は球根植物で、いったいどういう仕組みで違う球根が同じ時期(というか日)に揃って咲くのか、いつもながら感動をおぼえる。(写真は例によってホームページ『鴨着く島おおすみ』に掲載)

 例年なら4月中には今年の第一花が揃って咲き、その後は2か月ないし1か月ごとに咲くのだが、今年は2か月近く遅くなった。

 まあそれでも咲きそろうのを見ると心がなごむ。


 趣味のグラウンドゴルフ場でいつも一緒になり同じコースを回ることの多いS氏は、今日は奥さんの実家のある高隈町へ田植えの手伝いに行くとかで早々に切り上げて帰ったが、コメの普通作はちょうど今頃の田植えだから格別に遅れたというわけではないようだ。

 高隈地方は標高が高く、清冽な水の得られる所なのでコメが美味しいと評判である。

 秋の取入れまで仲良くホールを回っていたら、ひょっとして美味しいコメが手に入るかもしれないゾ。

|

« 異例の梅雨入り | トップページ | 加計学園問題 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 異例の梅雨入り | トップページ | 加計学園問題 »