« 安全保障の後進国日本 | トップページ | 夏の空 »

横綱相撲の品位

 横綱審議委員会の委員長が横綱白鵬の相撲に「張り手」が多すぎると批判した。

 その通りだと思う。

 白鵬の先輩である朝青竜も「張り差し」から入る相撲が非常に多く、見苦しかったのだが、彼の場合はそれでもすぐに四つに組んで見どころのある技や押し・寄り切りというパターンで勝つことが多かった。(ただし、最後に相手を割ってからのドン突きが品位を下げていたが)

 白鵬の場合は組むのが嫌としか思えない、相手への顔面狙いの張り手の連続だ。見ていてまるで格闘技かと思わせる戦いばかりで相撲にまったく面白みがない。

 いつだったか忘れたが、対正代戦では立ち会ってすぐに正代を張り飛ばしてしまった。正代はあっという間に倒れ何が何だか分からない態で、軽い脳震盪を起こしたに違いなかった。これなどは反則にすべきだったろう。

 とにかく相撲(だけでなく柔道などの武道)はただ勝てばいいというものではなく、観客が見ていて小気味のいい正々堂々と四つに組んだ取り口が望まれる。まして横綱は相手に胸を貸すつもりでがっぷり受け止めてなんぼだろう。

 張り倒し・猫だまし・顔ツッパリは横綱の品位を落とすばかりだ。稀勢の里を見習えと言いたい。

|

« 安全保障の後進国日本 | トップページ | 夏の空 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全保障の後進国日本 | トップページ | 夏の空 »