« 桜島の噴火 | トップページ | 北朝鮮キム王国の終末 »

宇佐神宮

 岡山の息子の家に家内と3日間滞在した帰り、4日目の朝、早目の7時過ぎには家を出て山陽道を下り、九州に入って北九州JCT から東九州自動車道に入って約1時間、宇佐インターチェンジで自動車道を下り、宇佐市郊外にある宇佐神宮に到着したのが12時半であった。

 すぐに近くのとり天(唐揚げではなく衣はてんぷら仕様)の定食屋で昼食をとり、神宮専用の駐車場に車を置いて境内を歩き始めた。

 広壮な境内の中の参道は折からの焼けるような日差しだったが、参拝客は三々五々途切れることはなかった。

 駐車場からは10分ほどのだらだら上りで本殿のある一角に至った。朱塗りの勅使門がまず目を射た。その前に平成になってから皇室の勅使参向の立て札が披瀝されており、奈良時代からという宇佐神宮と皇室の深い関係を明示していた。

 皇室との関係で最も初期のドラマチックな出来事は奈良時代にあり、一つは聖武天皇の東大寺大仏建立に、ご神意により足りなかった金箔用の金の産出を言い当てたことと、もう一つが称徳天皇に取り入っていた弓削道鏡の皇位簒奪に対して天皇側近であった備前出身の和気清麻呂がやはり神意を伺いに下向したことである。

 後者は戦前は小学校などで徳目として必ず教えられたというが、道鏡が称徳天皇からの寵愛をいいことに天皇位を求めたが、和気清麻呂が宇佐神宮の神に祈ったところ「皇位はとうの昔から天孫に決められており、血筋ではない無道の者が就くことはありえない。そのような者は掃除(そうじょ)せよ」というもので、復命した清麿は道鏡の怒りを買って大隅国に流された。

 しかし目の覚めた称徳天皇により、道鏡は下野国(栃木県)の薬師寺に流され、清麿は許されて京に帰り、その後は順調に出世して最後は「造平安京長官」(平安京を造成する中心人物)にまでなっている。

 宇佐神宮は全国に4万社はあるという八幡社の総本山で、中古以降は宇佐神宮の分社である石清水八幡宮(男山八幡)のほうが都に近いためむしろここからの分祠のほうが多いようであるが、とにかく欽明天皇の時代(西暦550年のころ)に大神の比義という神官が「広幡八幡童子」の示現を体験し、その童子を祭ったのがこの八幡様総本山のいわれである。

 いま宇佐神宮の本殿は「一之御殿」「二之御殿」「三之御殿」と三社があり、大神の比義の祭ったのが「一之御殿」の「八幡童子」で、これは応神天皇のこととされている。また「三之御殿」は応神天皇を産んだ母神の神功皇后である。

 そこで不可解なのが「二之御殿」の祭神・比売之神で、普通なら応神天皇の皇后であろうかと考えられるのだが、この神は実は他の二殿の祭神より古いのだそうである。

 この神は神代に宇佐神宮の南東6キロにそびえる「大元山(御許山)」に降臨された神で、社伝では天照大神と須佐之男尊との間の「うけひ」によってそれぞれ身に着けていた物実(ものざね)から生まれた神の一つ(一グループというべきか)であるいわゆる「宗像三女神」であるという。

 しかし宗像三女神であるとするとその奉斎する氏族はれっきとした航海民「宗像氏」であり、大神の比義やのちに宮司家となる宇佐氏とは筋が違う。このあたりを宇佐神宮で入手した≪宇佐神宮由緒記≫ではぼかしており、結論としては八幡童子が祭られる前から宇佐地方で祀られていた土地神ではないか、ということにしてある。

 結局のところ「二之御殿」に鎮座する「比売之神」の素性についての判断は保留されているのである。

 そこで私見が登場する。

 私見ではこの「比売之神」とは卑弥呼の後継者であった「台与」(トヨ)である。台与の時代に邪馬台国(八女市域)は南の狗奴国によって併呑され、トヨは矢部川に沿って逃れて豊後に入り、さらに豊前の宇佐に至り、そこに辛くも邪馬台国の王統を継いだと考える。

 大元山に天下った女神(比売之神)とはこのトヨのことで、そのために今の大分県の古名は「トヨの国」すなわち「豊国」(古事記の国生み神話)となった。

 崇神天皇の時代には「トヨスキイリヒメ」として登場するが、この比売は天照大神を祀ることができたのだが、それも当然のことで、卑弥呼の後継者だった所以であろう。

 詳細は省くが、卑弥呼の後継者であった「台与」(トヨ)が豊前まで落ち延び得たのは、その250年後に八女を本拠地としていた当時九州最大の前方後円墳「岩戸山古墳」をt築いた勢力「筑紫の君・磐井」が継体朝から派遣された物部アラカビの軍勢によって侵攻されたときに、「磐井は山中深く逃げて、豊前の上膳県(カミツメノアガタ=大分県中津市)に行ったが、そのまま行方知れずとなった」(筑後国風土記逸文より要旨)とあることからも想像できる。

 卑弥呼の後継者「台与」(トヨ)が狗奴国に侵攻されて西暦280年頃に落ち延びたのが「大元山への降臨」で、宇佐に祀られたトヨが「比売之神」で、祭られたがゆえに「豊国」という名が生まれたーーという考え方には非常に整合性があると思うがどうだろうか。
 

 

 

|

« 桜島の噴火 | トップページ | 北朝鮮キム王国の終末 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜島の噴火 | トップページ | 北朝鮮キム王国の終末 »