« 夏の空 | トップページ | ひとりのために犠牲者が・・・ »

台風5号

 迷走台風5号が奄美・種子屋久地方をゆっくりと(ほぼ停滞して)通過北上し、今日の午後大隅半島の南端をかすめ、日向灘方面に抜けて行った。

 昨日の午後1時に鹿屋市では避難所の開設をしたが、その2時間ほど前の5日11時ころから風が非常に強くなった。雨も豪雨ではないが降り続き、1日後の今日午後3時現在も小雨が降っている。

 しかし1時過ぎから風は急激に衰え、今の時間帯ではそれまでの東寄りから北寄りへさらに西寄りへと見る間に風向きが変わって来た。おそらく大隅半島の太平洋岸沿いに北東へと進路を定め、やや速度を速めたのだろう。

 これで大隅への影響は最小限になったろう。まだ南側に発達している雨雲が抜けきっていないので雨への油断はできないが、このまま四国方面に再上陸するのが確実となった。

 九州北部豪雨の被災地ではほっとしていることだろう。

 我が家でもほっと一息だが、柿の木の一本で数本の枝折れがあったのと、高砂ユリがこれも数本倒れたくらいの被害で済んだ。

 今年2度目の台風。通過するまでが長かったことを除いては楽にやり過ごせたのはありがたい。
 
 (ホームページ『鴨着く島おおすみ』に写真あり。こちらへ)

|

« 夏の空 | トップページ | ひとりのために犠牲者が・・・ »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の空 | トップページ | ひとりのために犠牲者が・・・ »