« アメリカの悲劇 | トップページ | どの党も・・・。 »

新燃岳再噴火

 霧島連山の新燃岳が6年ぶりに噴火した。

 6年8か月前の2011年1月26日、突然大噴火し、ほぼ一度の噴火で都城市内をはじめ日南の飫肥城下まで灰を積もらせたのが記憶に新しい。

 今度の噴火には前兆があり、火山性微動が数日前から多発していたのでさもありなん(想定内)の噴火だったようだ。昨日は数百メートルの噴煙を、今朝早くには約2000メートルに至る高さまで灰を噴き上げた。

 最初の火山灰を調べた鹿児島大学理学部の井村准教授によると、灰はマグマ由来のものではなく火口を蓋していた6年前に終息した当時の雨風に晒された砂状の火山性堆積物であり、それが火口地下の水蒸気の爆発で飛ばされたようだという。

 しかし、現在山体が6年前の噴火前の大きさかそれを上回って来ているので、いつあのレベルの大きな噴火が起きてもおかしくはない――とも言っている。

 火口の地下にマグマがだいぶ溜まっており、それがじわじわと上昇しているとすれば大噴火は時間の問題だろう。

 桜島も桜島の北側海底深くにあるマグマだまりへのマグマの供給が間断なく続けられていて、大正4年(102年前)1月の大正大噴火で噴き出たマグマを補って余りあるほどになっているそうだから、こっちも危ない。

 同時多発噴火なんてこともあり得る。その際は南海トラフでの地殻変動もシンクロナイズされて起きるかもしれない。

 人を脅かすつもりはないが、世界に冠たる地震多発国かつ火山噴火多発国日本の、目をそらしてはならない現実がそこにあるのだ。

|

« アメリカの悲劇 | トップページ | どの党も・・・。 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカの悲劇 | トップページ | どの党も・・・。 »