« 3万年前からの地層 | トップページ | 新燃岳の再噴火 »

初の「軍事偵察衛星」

 昨日の午後1時34分、種子島宇宙センターからH2Aロケットの38号機が打ち上げられ、搭載された「光学6号機」という名の衛星は所定の軌道に投入された。

 驚くのはこれまで打ち上げられたH2型(A・B)ロケットは今回で38号機目だが、一回の失敗を除いてすべて成功し、その成功率は97パーセントを超えたことだ。日本のロケット技術の優秀さがまたまた証明された。

 もう一つ驚くのは、今度の衛星は超精密光学解像度を備えた事実上の「軍事衛星」で、地上のあらゆる地点を一日に一回以上撮影できるという点である。

 これはいわゆる「軍事衛星」そのもので、この情報をもとに敵地ピンポイント攻撃が可能となる。こんなすぐにでも軍事転用ができる衛星の打ち上げを、同盟国で日本を軍事的には支配下に置いている米国(国防省)がよく許したものだ。

 安倍首相が「北朝鮮の差し迫った脅威を事前にキャッチする」というようなことを、少なくともアメリカ国防省か大統領府に前もって了解を取っておいたのだろう。北朝鮮の脅威云々をダシにされたらアメリカも渋々認めざるを得なかったに違いない。

 さらにこのH2型ロケットの技術をもってすれば、北朝鮮のミサイルなど幼稚極まるレベルでしかなく、もしミサイルや先端に核弾頭を搭載すれば、ほぼ五大陸のどの地点でも攻撃可能だろう。

 こんな危険な技術をアメリカが許すのも「アメリカとの強固な同盟関係は今後ともゆるぎない」と、脳みその髄まで信じ込んでいる安倍首相に対するトランプのボーナスかもしれない。

 もっともアメリカの軍事偵察衛星にはとっくの昔に日本の優れた光学的解像技術が採り入れられているので、アメリカもダメだとはいい憎かったのか。

 軍事的な相互依存がこれ以上「強固」になる前に、アメリカとの軍事的同盟関係は見直した方がよい。個人的には無くして欲しいと考えている。早く「武装(自分の国は自分で守る)永世中立」を宣言したいものだ。

|

« 3万年前からの地層 | トップページ | 新燃岳の再噴火 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3万年前からの地層 | トップページ | 新燃岳の再噴火 »