« 南北首脳会談異聞 | トップページ | 米朝会談とロシア外交 »

加計学園問題(2)

 加計学園の獣医学部新設にかかわる安倍首相の関与は当の愛媛県の公文書によって確認されているのに、いまだに知らぬ存ぜぬを言い張っている。

 国会の空転もいい所だ。バカバカしい話。

 平成25年に策定された国家戦略特区10地区の一つに選ばれた愛媛県および今治市側と政府(内閣府)側の会談が無かった方がおかしいではないか。
 
 そもそも国家戦略特区はトップダウン方式が特徴である。政府への下(地方)からの地道な要請は必要だが、時間がかかりすぎるきらいがあり、それを避けるために全国から10地区を選定して「国際的な競争力のあるビジネスモデル」を規制の網を取り払って速やかに実現させるための国家的戦略である。

 したがって政府(内閣府:中心はもちろん内閣総理大臣)主導の事業なのであるから総理大臣の関与がない方がおかしいのだ。

 安倍首相が真実を認めないのは、加計学園の理事長との個人的な付き合いが深いからで、例の「お友達優遇」策が丸見えなので恥ずかしくて言い出せないのだろう。

 
 この加計学園獣医学部の戦略特区である今治市への新設にあたって、仮にもし学園側からの金品の授受があれば即刻退陣だ。

 だが、そうでないのならば最初から上記の「国家戦略特区」における政府関与の大きさを盾に、「首相が関与して当然の国家戦略であるから、問題はない」と大見得でも切ってしまえばよかったものを、「認可の直前に加計学園に決まったのを知った」などとシラを切ったのが大間違いだった。

 シラを切り続けているうちにもう後に引けない状況になってしまった。今さら「2015年に会って内々でオーケーを出した」とは言えないに違いない。もし言えば「唇寒し」で、やんやの批判を浴び、内閣総辞職もしくは衆議院解散になろう。

 ところがいままさに北朝鮮問題が佳境にかかっているのでそのどちらもできない。

 ここは大死一番、米朝会談の前に北朝鮮に飛んで金正恩と会談し、日本人拉致問題に道筋でもつけるくらいなことでもしなければ、浮かぶ瀬はないだろう。

 

|

« 南北首脳会談異聞 | トップページ | 米朝会談とロシア外交 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南北首脳会談異聞 | トップページ | 米朝会談とロシア外交 »