« 吾平富士登山と四滝めぐり | トップページ | 加計学園問題(2) »

南北首脳会談異聞

 朝鮮の南北首脳会談の席上、金正恩は文大統領にこう言ったそうだ。

 「日本が拉致問題で話し合いたいのなら、いつでも直接会う用意がある」――と。

 文大統領からこの報告を受けて安倍首相は驚いたろうが、しかし「それじゃあ会ってみよう」とはならなかったようだ。

 せっかくのチャンスを棒に振ってしまった。即座に「そうしたいから文大統領には仲介をお願いしたい」と答えておけばよかったものを・・・。

 金正恩の核・弾道ミサイル開発を受けて国連安保理決議が北朝鮮への制裁に決まったからといって、何が何でも「最大の圧力を。経済制裁を。」と馬鹿の一つ覚え的に繰り返すだけの安倍首相の物言いには外交的なセンスは全く感じられなかったが、それを見透かしたような金正恩の方が一枚上手だ。

 かっては北朝鮮に対して「話し合いのためのドアはいつでもオープンにしてある」と言っていた安倍首相だったが、そのことはすっかり念頭から排除しての「最大の圧力を」の一点張りは、結局、アメリカのトランプ大統領の口癖である「北朝鮮への攻撃の選択肢はあるぞ」という恫喝に乗っかていただけだ。

 つまり外交上、常にアメリカへ忖度する姿勢は変わらないことを示している。

 トランプが変わり、韓国の文在寅が変わりして北朝鮮をめぐる外交は一気に融和へと向かっているのだから、これに乗らない手はあるまい。

 日本が下手に融和に動くと、「韓国・北朝鮮両国の平和協定締結後に、韓国との間では<日韓協定>により戦時補償的な問題は解決しているが、北朝鮮への戦時補償が無いのは片手落ちだと向こうから要求を突き付けられる」――というような意見が見られるが、これは受けて立つしかないだろう。

 日本には拉致問題の解決という独自の大きな課題がある。向こうはおやじの金正日が拉致があったことを認めている。

 このことと戦時補償とは規模が違うが、多少は匂わせておいて交渉することは可能だろう。

 とにかくアメリカ任せにしないで、金正恩と会って話し合わないことには何の進展もないではないか。

|

« 吾平富士登山と四滝めぐり | トップページ | 加計学園問題(2) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾平富士登山と四滝めぐり | トップページ | 加計学園問題(2) »