« 2018年6月 | トップページ

人吉紀行

 人吉という所はいつも九州高速道の通過点として道案内だけはよく見ているのだが、降り立って市内見物などしたことがなかった。

 そこでこの20日に「いさぶろう。しんぺい号」という特別列車に乗って初めて街の中に入ってみた。

 人吉というと鹿児島と並んでそれぞれの藩の同一支配者(武家)が長きにわたって変わることなく続いたことで有名で、人吉の相良氏は1198年から明治維新の1868年まで670年(およそ700年)で、これは鹿児島藩島津氏の下向統治期間(4代・5代目の頃のいわゆる元寇=文永・弘安の役から明治維新まで)の600年より長い。

 もっとも島津氏の方は初代の惟宗忠久が日向荘(宮崎県都城市)の総地頭に補任された1185年あたりで、最初の地頭館の置かれた地の地名から島津の姓を持つようになったから、姓の長さでは島津氏の方に軍配が上がる。

 しかし薩摩の野田郷へ下向して実質支配がはじまったのは5代目の貞久からなので支配期間の600年は動かせない。

 相良氏は出身地の遠州榛原郡の相良(現在の静岡県牧之原市)にちなんで人吉に入部してからすぐに相良姓を名のり、中世の一時期に上相良・下相良に分かれて抗争があったが、おおむね相良氏一族が他氏を圧倒して支配し続けた。

 島津氏はというと南北朝から室町期にかけては数々の抗争(お家騒動)や他氏との戦闘を繰り返し、ようやく三州統一がなされたのは1570年代であった。統一までの戦乱期間の長さを差し引けば、島津氏のみによる実質的な安定支配は300年である。

 その安定的な支配という点では相良氏の方がはるかに勝っている。

 しかし支配領域の圧倒的な広さの差を勘案すれば、島津氏の方に領国支配の巧みさが生まれるのは当然と言える。何しろ四周を海に囲まれ、交易の広がりや領土防衛、そして外様である故に徳川氏との付き合いにも智謀を尽くさねばならなかった。

 「島津にバカ殿なし」と言われるのは、そういう領国の置かれた「地政学的」な面に負うところが大きい。

 今でも(明治維新後150年だが、それはさておくにしても)、〇に十字の島津の紋章が焼酎にも菓子折りにも至るところでふんだんに使われているのは、島津氏支配の根っこの奥深さをよく表している。


 話は本題へ・・・。

 吉松駅から乗った「いさぶろう・しんぺい号」はまず真幸駅ホームの「幸福の鐘」で一時停車し、さらにスイッチバックの解説で長く停まり、肥薩線最高標高駅である矢岳駅(540m)でもホームの先にあるSL(D51)の展示を見るためにやや長く、そして極めつけはループ線路とスイッチバックの両方を持っている大畑(おこば)駅だ。

 大畑と書いて「おこば」と読ませるのは、山の畑のことを「こば」(たいていは木場と書く)ということから来ているそうで、かっての「焼き畑による耕作地」の大きい(広い)場所だったことを示しているのだそうだ。

 人吉は九州山地の真っただ中にある盆地で、標高は高いと思われがちだが、わずかに100m余り(人吉駅で107m)と低い。矢岳駅が540mだからその差は440m。手元に時刻表がないので分からないのだが、矢岳駅と人吉駅間の距離は10キロか15キロほどのものだろうから、確かにループとスイッチバックを併用しないと登り切れまい。

 熊本県境の矢岳を挟んで反対側の吉松駅は標高が213mあるそうで、そうなると矢岳駅との標高差は220m余り、これならスイッチバックだけで済む。


 1時過ぎに人吉駅に到着したが、改札を出てその暑さには驚いた。近くにいた売店の従業員らしき人に聞くと「人吉は暑いところです」という。盆地だから暑いのは覚悟していたが、周囲の山の高さから比べて相当な低地(標高100m)なので、まるで鍋の底なのだ。

 しかし、街のど真ん中に満々とした流れの球磨川があるせいで、鍋の底に溜まった暑い空気が若干は冷やされるのだろうか、コンクリートの歩道から離れて「青井阿蘇神社」の境内に入ったらかなり暑さが和らいだ。

 青井阿蘇神社は大同年間の806年に創建されたという阿蘇神社の勧請で、大神(おおが)氏が宮司を務めていたという由緒を持つ。

 拝殿・幣殿・楼門は重厚なかやぶきで、本殿と回廊を含めてすべてが国宝になった。慶長18年(1610年)に改修されて今見るようになった。


 青井阿蘇神社からは球磨川を渡り、道なりに行くと右手に「幽霊の絵」でゆうめいな「永国寺」がある。ここは薩南戦争の時に熊本城を攻めあぐねているうちに大軍送って来た官軍と田原坂で戦い、敗れた西郷軍が退却して本営を置いた寺である。約30日いたがここでも官軍に追い詰められ、日向方面に逃れることになった。


 永国寺からほんの2,3分の所に「旅愁」「故郷の廃家」を訳詞した犬童球渓(いんどう・きゅうけい)の生家がある。

 人吉に来た時に一番見たかったのが、犬童球渓のこの史跡だった。

 なぜ球渓なのか。

 それはひとえに「旅愁」という歌にかかっている。

 旅愁というタイトルもそうだが、訳詞の内容が原作者のアメリカ人作詞・作曲家J・P・オードウェイの原詩と大きく違っているからだ。

 原詩ではタイトルが「故郷と母を夢見て」で、内容は、故郷にいたころの母と自分(おそらく作詞者本人だろう)とがいかに濃密であったか、今でも母が自分の傍に来て自分をかわいがってくれる夢を見るんだ――というもので、マザコンここに極まれりといった内容なのだ。

 原詩にの興味ある人はインターネットで調べられるからここでは省略するが、一方で人吉生まれで東京音楽学校を出て各地の中学校や高等女学校などで教鞭をとっていた球渓はこれを

 「更け行く夜 旅の空の わびしき思いに ひとり悩む 恋しやふるさと 懐かし父母 夢路にたどるは里の家路」

 と意訳した。

 まず原詩では「旅の空」(旅行中)での感慨ではなく、また、恋しいのは「故郷の家と、そこでむつまじく過ごした母」だけなのである。父などは一言も出てこないのである。つまり「母あればこその故郷の家(ホーム)」で、トーンからするとオードウェイという作者は「No mother, no life」(母がいなければ、生きていてもしょうがない。母こそ人生のすべて。)と謳っているのだ。すごい母親賛歌なのだ。

 今の世でも直訳したら「軟弱な奴だ。男のくせに」などと言われるのが落ちだろう。

 そこを球渓も分かっていて、唱歌に見るような訳詞にしたのだろうが、これには曰くがあって実は球渓も原詩通りに訳したかったのだが、当時(戦前)の文部省当局が「あまりにも軟弱な詞だ。戦争遂行の妨げになる」というような指導を受けて大きく原詩の解釈を変えてしまった(変えざるを得なくなった)――という経緯もあるらしいのだ。

 太平洋戦争の真っただ中の昭和18年に球渓は47歳で自ら命を絶つが、球渓の心の中にはこの訳詞(他にも「故郷の廃家」など)が原詩を大きく逸脱してしまったことへの苦しさ、そしてそうせざるを得なかった戦争というものへの憤りがあったのでは、とも思われる。


 この話は、原詩を引き合いに出してまた論じる機会もあろうからここまでにして先を急ぐ。


 さて球渓の生家を辞して、また酷暑の中を西へ歩くこと7分、人吉城の大手門口を抜けると「人吉歴史館」がある。ここは人吉市の教育委員会の歴史文化担当課に所属しており、外観はコンパクトながら外観内容のぎっしり詰まった展示施設である。

 十分に見ておきたかったが、なにしろ暑さのせいで頭の中身がうだっていて身に入らないので、種々のパンフレットを貰って家に帰ってから読むことにした。

 それによると、人吉城の原型は相良氏が当地に下向した初代長頼の頃に築造されているが、その後、秀吉の全国統一(九州征伐)の後に諸国で戦国大名による領国支配が完成し、相良氏もその例に洩れず、本格的に居城の築造に取り掛かっている。

 慶長年間に始まり寛永年間の1640年頃までに近世の人吉城が成ったようである。

 この城址の一角に相良護国神社があるが、入口は当時の掘割りに架けられた石橋で、堀はびっしりと蓮で埋め尽くされていた。

 この神社の筋向いに「元湯」という看板の銭湯があったのでこれ幸いと浸かることにした。指宿にも元湯があり、道路からやや低い所に湯舟があるが、ここのもその通りで、10畳くらいの広さの洗い場の真ん中に2坪くらいの湯舟が掘られていたのはひなびていて懐かしい感じがした。

 泉質は単純なアルカリ泉のようで、石鹸の泡立ちよく、ややぬるっとしていた。

 聞けば人吉にはあちこちに単独の温泉銭湯やホテル・旅館内の銭湯があり、その数は20以上あるという。


 人吉といえば歴史の相良氏・球磨川下り・球磨焼酎が有名だが、泉都でもあることをもっと宣伝してもいいのかもしれない。


| | コメント (0)

日米原子力協定の自動延長

 日本とアメリカの間で結ばれた「日米原子力協定」が自動延長された。

 この協定が最初に結ばれたのは1968年(昭和43年)であった。なぜ結ばれたのか?

 日本で昭和30年に原子力の平和利用を謳った「原子力基本法」が制定され、それが効力を発揮し始めた、つまり原子力発電所が建設されて発電が開始され、ウラン燃料が燃えたあとの変性廃棄物であるプルトニウムの「備蓄」が問題視され始めたからである。

 アメリカとしては原子力発電技術及び建設を売り込んだはいいが、日本がやたらに核兵器に転用される恐ろしいプルトニウムをため込んでしまうのは危険だ――との認識の下で規制をかけたわけである。

 何しろ、いまだに国連憲章上、連合国軍に逆らった枢軸国側の「旧敵国」なので、そういう国が容易に核兵器に転用できるプルトニウムをたくさん抱えたら、いつ何時また連合国側を脅しにかかるかわからない(ちょうど今のアメリカに対する北朝鮮がそれだ)ので、協定で日本を抑え込んでおくことにしたのだ。

 北朝鮮やイランが核開発を進めているのはそのような核保有国(主に国連安全保障理事会の常任理事国)への反発が大きい。

 これと同じことを「旧敵国」の日本にやられたのではとんでもないことになる――というのが根底にあるがゆえに、「日米原子力協定」で縛っておこうというのがアメリカの狙いだ。

 「緊密な」日米同盟がある以上、そんなことを日本がするわけがない(しようとしても「日米地位協定」「日米合同委員会」でたちまち葬り去られる)が、仮にもし日米安保が廃棄され米軍が日本から引き揚げても、日本の核武装はほぼ不可能になる。

 自分としては日本の「武装永世中立国」(日米安保廃棄が前提)が理想なのだが、プルトニウムによる核兵器生産・保有はいかなることがあってもするべきではないと考える。

 核使用の悲惨さを身をもって経験したのは日本だけであり、日本が永世中立国化した後で核廃絶をもっとも世界に訴えることができ、また世界の指導者たちの心に届く主張をすることのできるのも日本だけである。

 日本がこれまでの原子力発電によって貯め込んだプルトニウムは47トンだそうだ。これによって生産できるプルトニウム爆弾は6000発と言われ、これはアメリカ・ロシアに次ぐ量である。

 そのような核兵器を作らないとなれば、プルサーマル発電で使うしかない。すでにアメリカ側からプルトニウムをプルサーマルで消費しろと言ってきており、政府も「削減に努力します」と声明を出した。

 これから自民党政府は原子力発電の再開を許可していく方針のようだが、プルサーマル発電を行うはずだった不具合続きの「もんじゅ」の閉鎖が決まった。

 大地震・津波・火山噴火・大雨による大水害・山崩れなど平成になってから災害が相次いでおり、その極め付きの2011年(平成23年)の東日本大震災では東電福島原子力発電所が一歩間違えば炉心融解による大爆発で首都圏域まで汚染される事態になっていた。

 この山がちで狭く、火山噴火と地震の多発する国土の特性を考えれば、原子力発電は廃止した方がよい。ゼロでも5年もの間、言うところの「電力危機」は一度もなかった。

 いつ放射能汚染に曝されるかわからない――という不安感は子どもを育てていく上でのネックになり、より一層の「少子化」は避けられないだろう。

 

| | コメント (0)

梅雨明け(2018)

 7月11日に南九州地方の梅雨が明けた――とニュースであった。

 今年は平年より3日ほど早く、梅雨入りがおそかったので全体としてはやや短く、さほどの大雨もなく明けたことになる。

 ところが、これまでなら、南九州の梅雨が明ける前には、張り出してきた太平洋の高気圧から送り込まれる暖かい湿った空気が南九州に停滞していた梅雨前線を刺激し、「イタチの最後っ屁」いや「セミの逃げぎわの小便」のように地上に大量の雨を投下し、シラス台地の至るところでがけ崩れを誘発したものだ。

 それが「人がケ死まんと、なげし(梅雨)は明けぬ」ということわざを生む状況をもたらしたのだが、この頃はとんとそうではなくなった。

 メカニズムは同じなのだが、梅雨前線が北上したまま北部九州から中国・四国地方にかけて停滞したので、かえって向こうが梅雨末期の大雨に晒されることになった。

 広島県・岡山県では県史上最大の豪雨災害に見舞われ、広島県では死者・不明者が120名にもなり、またかねてから「晴れの国」として大雨の少ないことで有名な岡山で同60名を超えるという未曽有の大水害になってしまった。

 広島県の熊野町だったか、ある谷沿いの集落に土石流が流れ下り、家から家の前の道路に出た瞬間に泥流と化した道で足をすくわれ体ごと持って行かれた高校生がいたが、これには気の毒で呆然とするほかない。

 今から25年前(1993年)の鹿児島では8月6日に大水害(8・6水害=激甚指定。甲突川にかかる由緒ある五つの石橋のうち4つが流された)が発生し、確か三日間の総雨量は6~700ミリほどであったが、鹿児島市内の甲突川の水が溢れて国道3号線が川のようになり、その川で人がおぼれ死んだことがあった。

 それを思い出した。あの1993年は梅雨明けがなく、8月には台風が3つも接近または上陸し、挙句の果てに9月3日に台風13号が910ミリバール(あの頃はまだヘクトパスカルではなかった)の強さで南薩の海岸に上陸し、そのまま錦江湾を横断して大隅半島の中央部を斜めに北上したが、通過したのが午後2時か3時の明るい時間帯だったっため、大隅半島側で死者の数が極めて少なかったのは幸いだった。

 ライフラインの支障は電気と電話の不通が1週間から2週間続いただけだったが、携帯(移動通信)などの所持者はあの時代はごくまれで、電話の不通が一番不便だったのを思い出す。

 南九州ではここ4,5年は梅雨末期の豪雨がない。これはおおいに助かるのだが、その分梅雨前線がらみの豪雨や台風が北に偏ったようだ。去年は北海道で夏の台風が3つも上陸し、そのたびに大雨が降ったが、これも未曽有のことだった。

 異常気象が当たり前になっているが、実は日本列島にとって何よりも怖いのは大地震の方だ。東日本大震災では津波や圧死で数時間のうちに2万名近くの死者・行方不明者を出している。死者数を時間で除すと、東日本大震災は時間当たり5000名。今度の災害では時間当たり3~4名。

 大雨の場合はとにかく早めに近くの指定避難所に行くことだ。行政もここ数年で早目の避難所開設に動いている。今度の大水害でさらに備えは充実していくものと思われる。

 南海トラフ等由来の大地震の場合は突発的なことゆえ単純に「備えあれば患いなし」とは言い切れないのが残念だが、異常気象への対応は万策それに尽きる。

| | コメント (0)

オウム真理教教祖の死刑執行

 昨日、オウム真理教教祖で地下鉄サリン事件の首謀者だった松本智津夫死刑囚の死刑が執行された。

 オウム真理教の幹部13名が死刑判決を受けていたが、そのうち教祖を含む7名が同じ日に刑死した。

 残りの6名の処刑もいずれ実施されるが、識者の中には「黙秘を通し続け、わけのわからないことを言い張る教祖松本を、なぜ他の高学歴の死刑囚(幹部)が盲目的に指導者と仰いだのか、そしてなぜあのような事件を引き起こしたのかが解明されないまま幕を引いてしまうのはいかがなものか」というようなことをコメントする人がいる。

 後者について言えば、直接的には松本をはじめ幹部連中が衆議院議員に立候補したが惨敗を喫した(教祖松本はわずか1800票しか得ていない)ことに対する憤りが引き金になったことが言われており、私もその見方を支持する。

 だが、そもそも松本個人の極度の自己顕示欲(人から認められたい)が根底にあってのことだ。

 この自己顕示欲が人並外れて強いのには原因がある。

 それは生い立ちにあった。
 
 熊本県の非常に貧しい家で5男2女の下から二番目に生まれた松本は、目の不自由な長兄が盲学校に入って家計の負担が少なかったこともあり、同じように目の不自由な松本も小学校から全寮制の盲学校に入学させられたという。

 ただ、松本の場合、目が不自由と言っても長兄のような全盲ではなく、片目はよく見えたらしい。それなら普通の小学校でもいいのだが、貧しさもあって両親は経費の掛からない盲学校に入れたようだ。

 松本は非常に嫌がったそうだが、是非もなく6歳で両親の膝元を離れざるを得なかったわけで、この心の傷が彼の人生をあらぬ方向に導いてしまったのだ。幼少期の家庭ほど子供にとって重要なものはない。


 松本の7人兄弟で下から二番目という家族構成に似た人物に歌手の田端義夫がいる。

 バタヤンこと田端義夫は大正8年の生まれで9人兄弟・姉妹の下から二番目だった。

 ところが3歳の時に父が亡くなり、バタヤンと末子の弟だけは母のもとに置かれ、他の兄弟・姉妹は養子・子守奉公・丁稚などに出された。

 母は人形の内職で生計を立てたが、極貧は変わらず、満足な食事や学校の遠足への参加も出来ず、昼食の弁当にも事欠くありさまで、とうとう片目の視力が失われてしまった。これも松本に似ている。

 そんなバタヤン、13歳でどこかの商店に奉公に出たが、数年後にたまたま姉が歌のうまいバタヤンを今で言う歌のオーディションに出るよう勧めたところ、運よく採用され、20歳頃にはデビューすることになり、その後はスターへの道をたどることになった。

 この歌のうまさだが、生まれつきではなく、いつも母と夕方になると「夕焼け小焼け」などの唱歌を一緒に歌ったことがきっかけとなった。

 バタヤンは歌のとりこになり、近くの河原に出ては大声で何度も何度も歌ったそうである。正式な歌唱法など学ぶよすがもなく、自己流で声の限り歌い続け、たぶん母やたまに帰省する兄や姉から褒められてますますもめり込み、上で触れたように姉の勧めでオーディションを受けることになり、音楽家の目にとまったのが、運の開き始めだった。

 戦前の昭和12,3年のころだが、当時支那事変が勃発するころではあったがまだそういったオーディションなどが民間で行われていたようだ。

 支那事変から引き続いて太平洋戦争がはじまると芸能人は戦地慰問に出るようになり、バタヤンも例外ではなくあちこちに駆り出されたが、そのことはまた一流の芸能人(歌手)という評価を定めることにもつながった。

 バタヤンの戦後の活躍はわれわれ団塊世代にとっては耳目に新しい。

 バタヤンは幼少期に貧しさに覆われつつも、母とのきずなが強く、心にも太い根っこが張ったのだろう。そして貧しいながらも一生懸命に内職をして自分たちを支えてくれた母親に、いつかは恩返しをという思いが湧き上がったはずで、後年よく母への想いを口に出すようになっていた。


 この母への思いの少なかったのが松本智津夫だったのではないか。

 6歳とは言えまだ母親への甘え・依存が必要だったのに、全寮制の盲学校に心ならずも入れられ母親との絆を断ち切られたのは、松本にとっては「母親から捨てられた」感がぬぐえなかったはずだ。

 それほど母親の存在感は子どもにとって大きいものである。

 なにしろ子どもは母親から生まれてくる。母親の胎内にいる時、胎児はへその緒というチューブで母親からの栄養を摂取しなければ育たない。胎児はまさに「母親のヒモ」だ。

 家庭に生まれ落ちてからも授乳・下の世話・言葉の学習など数年間はほぼすべてを母親に依存して成長する。この間もやはり「母親のヒモ」だ。

 そのような母親は子どもにとっては神仏に等しい。

 松本智津夫はおそらく母親への感謝などなかったに違いない。気の毒な生い立ちからすれば当然かもしれない。

 教団の幹部はじめ信者の多くも松本と似たような家庭的な貧しさ(経済的貧困と言うより心理的な貧しさ)を抱えていたのではないか。

 オウム真理教はヨガをよりどころとしてその貧しさを克服しようとしたと思われるが、家庭的な面での被害者である松本智津夫がたまたま持って生まれた(先天的な)極度の自己顕示欲を開示しようとしてうまくいかなかったがゆえに、被害妄想と攻撃性を募らせた挙句が1995年3月の地下鉄サリン事件だったのだろう。

 
 秋葉原のあのトラック突っ込み殺人事件も、犯人は家庭的に両親から正当な扱いを受けなかった恨みが原因だったが、最近は似たような動機による自己否定的な「やけのやんぱち」な事件が多くなっている。

 オウム真理教よりホーム(家庭)真理教が欲しいところだ。

| | コメント (0)

タイのサッカー少年たちの話題

 タイの北部チェンライ県で、サッカー少年たち13名がかなり有名な洞窟に入ったはいいが、出る前に大雨による増水で帰れなくなったことがどのメディアでも大きく取り上げられた。

 一週間を過ぎても出られないことからタイはもとより各国でも心配の声が上がり、さっそくレスキュー隊を送って寄越した国もあった。

 洞窟の長さは相当なもので、そのうちの4キロ余り入り込んで戻ろうとしたが時すでに遅く、帰りの通路が水没していたようである。

 洞窟を専門とするレスキュー隊員が少年たちのいる4キロ先の空間まで到達したところ、10日間近く食べていないにもかかわらず衰弱しきっている様子がなかった。これはテレビでも見ることができたが、衰弱して横たわっているような子はいないようだった。

 水は豊富にあるし、レスキュー隊の持参した食糧でもう飢餓の心配はなくなったが、あとは洞窟内の通路を水没させている水をいかに早く抜くかだろう。

 多分もう少年たちに心配はないが、この報道を見て世界は本当に狭くなったなと感心している。

 世界からのレスキュー申し入れがたちまち溢れかえったように、善意も溢れるほどに湧き上がりつつある。

 少年たちもいい経験をしたものだ。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ