大姶良川流域散策(最終回)

Ooairafumoto_001  勝手に「大姶良地峡」と名付けている地峡が見えてきた。

 獅子目の田んぼ地帯を抜け、再び流路がまっすぐになると、5~600メートル先に地峡がある。ちょうどそこは県道が大姶良川を左岸へと渡る「大姶良橋}があるところだ。

 そこから大姶良町に入る。大姶良城を中心として7~800年は続く古い地域だ。

 大通りから左へ200メートルほど入り、川に近づくとそこは「大姶良麓地区」でOoairafumoto_004 、藩政時代には郷士と呼ばれる大姶良外城(とじょう)勤務の武士たちの屋敷が並んでいた。麓小路と呼ばれていた旧道を眺めると、左右に石垣と生垣を整然とめぐらした家々が、今でも建ち並ぶのが見て取れる。

 大姶良地区は「山高からず、丘低からず」の緩やかだがシラス地帯特有の絶壁状の丘が数多くあり、その上には決まって山城があった。俗に「大姶良十三城」といい、本丸に相当する本城(下の写真)を筆頭に、松尾城、内城、三河城、蜂須賀城など東は獅子目から西は瀬筒峠近くまでたくさんの城があった。Ooairafumoto_005

 最大なのはもちろん本城で、大姶良川の二つの支流に囲まれた絶妙の位置にある。実は薩摩藩島津氏第7代・島津元久はここで生まれている。父は大隅守だった氏久(第6代)。南北朝期の大混乱期に肝付兼重・兼成兄弟が世を去り、続いてここに入城した志布志城主・楡井頼仲も戦死したあとのことだ。

Ooairafumoto_006_2   ただ、最初にここに城を構えたのは祢寝(ねじめ)小太郎義兼で、頼朝が弟・義経を追捕するために全国に檄を飛ばした時のことという。1185、6年の頃だろう。

 左の写真では右の端に本城の一部が見えるが、中央の二軒の郷士屋敷の左手、手前が内城跡、奥に並ぶように松尾城、そして二軒屋の右手に見える丸い丘が三河城だが、そのうちの松尾城が最初の城だという。

Ooairafumoto_007  大姶良本城を取り囲む二本の流れのうち西側を流れるのが本流でもある平岡川(右)で、橋の上から正面に見える形のよい丘は八幡神社。ここには八幡大菩薩とともに大姶良生まれの島津元久が祭られている。

 大姶良の神社で、かっては大社だったものに「岩戸神社」(下の写真)がある。このお宮は典型的な<奥宮ー里宮>型で、本宮である奥宮は、獅士目地区からの支流を1、5キロほど遡り、さらに3~400㍍歩いた所にある山中の巨大岩だ。縦横それぞれ15メートルはありそうな巨岩である。Ooairafumoto_016

 大姶良地区にはこのほかにも社は多いが、寺院の方は残念なことに明治初期の徹底した廃仏毀釈で破壊され、今は見る影もない。旧竜翔寺にはここで過ごし藩主にもなった氏久の墓があったのだが、現在は鹿児島の島津家墓地に遷されている。

 さて、大姶良川は勾配がきわめて緩い川だ。

 というのも、河口から約24キロのこの地点で、標高がわずか30mほどなのだ。単純に計算して勾配が千分の1.25、つまり1キロ行って、たったの1.25メートルという極小河川では信じられぬほど傾斜が緩いのだ。これは100キロ級の大河に匹敵するだろう。それだけ大姶良川流域は開拓しやすい土地だったということができる。

Ooairafumoto_009  これは城跡から5~600メートル遡った平岡川べりに建つ「一級河川起点」という標柱だが、国の管理だったとは恐れ入る。

 そうか平地が多いということは、豪雨の際に冠水してしまう割合も多いという事か。くわばら、クワバラ。

 それにしても、のどかな里山地区である。

             Ooairafumoto_015_3 水量が乏しいせいだろう、このあたりは梅雨時の雨量をあてにした 普通作がほとんどだ。

今植えられたばかりの緩やかな棚田が空とともに広がっている風景は、紛れもなく誰もの「ふるさと」だし、これからもずうっとそうだろう。

 マップ(赤い十字は岩戸神社。丸に十字が大姶良本城)

Mapooairajou 鹿屋市のスクロール地図はこちら

| | コメント (1)

大姶良川流域散策(その3)

 02050001

 池園町の西はずれから、川は再び運河のような直線流路となる。その1キロ余り続く流れを囲むのが「獅子目(ししめ)」田んぼだ。

 幅が平均して500メートルはあろうから、単純に計算して50ヘクタールから60ヘクタールだろうか。ここも豊かな穀倉地帯である。

 低地の田んぼを取り巻く濃い緑の丘は、笠野原シラス台地が大姶良川によって削り取られた切断面なのだが、とてもそ02050012 うは見えないだろう。

 角度を変えて、まだ植えられたばかりの普通作田を写した右の写真を見ればそのことがよく分かる。杉の植林や孟宗竹で覆われた丘の真ん中に白いものが見える。

 あれがシラスの正体なのである(シラスの成因は今から2万4千年前頃に噴出した姶良カルデラの火砕流だが、鹿児島県内と宮崎県南部を覆いつくしている)。

 近くに行ってみると、そこはシラスの採取地であった。中に入ると不思議な光景が広がる。比高で25メートルはあるだろうか、ほとんど垂直に切り取られた白い崖が、ぐるりとあたりを取り囲んでいる。青年がいたので聞いてみた。

 聞くとこのシラス山は自分の家の所有山で、30年も前から採取して販売しているとい02050008 う。おもに畜舎の床に敷くためのものだそうだ。

 青年の向かって左手に立つ壁は、削り残した残部だ。底面の幅が2メートルくらい、高さ・奥行ともに10メートルほどだが、雨風の中をあの形でもう20年ばかり経っているという。シラスは水を含むと何の成分か分からぬが、シラスの粒同士をくっつける働きが生まれるらしい。だから垂直に近いまま豪雨にも耐えられる。そこが単なる砂と違うところだろう。

 02050011 青年に別れを告げ、再び田んぼ地帯に戻る。真ん中をつらぬく県道大姶良・高山線に出ると、向かいの山の間に丸い丘陵が目に入る。そこは「志々目城」があった所だ。鎌倉時代から戦国時代にかけて、この前の〈その2〉で紹介した西俣城や次に紹介する予定の大姶良城と、狭い範囲に城跡が続く。

 それだけこの地方が豊かだったのと、薩摩半島からの大隅攻略つまり島津氏の対肝付氏攻略上、重要な拠点だったことによるものだ。

 特に南北朝時代(1336~1392)は、建武の新政後の中央における公家対武家の争乱が地方にも及び、武家の間に見られた離合集散の複雑な動きに呼応して、南九州も「宮方」と「武家方」双方へ揺れ動いていた。

 その中にあって肝付氏はほぼ一貫して宮方への支持で固めていたが、薩摩半島の雄・島津氏は肝付氏との対抗上、逆にほとんど武家方に回っていた。そんな中で肝付八代当主・兼重は大隅から日向南部にかけて活躍した勤王の猛将であったが、大姶良川流域は弟の兼成にゆだねていた。

 その兼成が大姶良氏、志々目氏、横山氏などの諸氏を打ち平らげた帰り道に、命を落02050013 としたという場所がある。獅子目田んぼ地帯から、南へ丘陵地帯を上がり、約1.5キロほど山手に向かって行った所のサツマイモ畑の中だ。

 正平6(1351)年のことというが、時も同じころ兄の兼重も死亡している。肝付氏の命運あやうしというところだったが、折もおり、志布志に拠点を持つ楡井頼仲が南朝方の勇将として鹿屋、大姶良に進出し、しばらくはさすがの島津氏も手を出せないでいたという。

マップ(赤い十字が池園橋。丸に十字は肝付兼成戦死地の碑)

Mapshishime

    鹿屋市のスクロール地図はこちら          

| | コメント (0)

大姶良川流域散策(その2)

Ooairagawa2_001  樋渡橋から土手を南下する。

 500メートル先の森の手前で、本流はほぼ90度右(西)に曲がる。昭和40年ごろの河川改修できっちりとした直線に整備したようだ。

 曲がると池園地区の田んぼ地帯に入る。池園地区は長い集落で、川沿いの田んぼと共に世代を重ねてきている。

  手前が大姶良川の土手で、向こうの丘の麓沿いに家々が続く。丘は広大な笠野原台地の突端で、所々に湧き水がある。Ooairagawa2_006 川と家々の間には豊かな田園が広がっており、藩政時代からかなり住み易い場所であった。

 田んぼは普通作の稲の苗が植えられたばかりだ。このあたりは、早期米より10月に収穫する普通作の作付けのほうが多い。大姶良川自体、水量が少ない川なので、雨量の多い時期に作る普通作のほうを選んでいるのだろう。

Ooairagawa2_007

 もう一度川が大きく右(西)へ曲がると、川筋はまっすぐになる。この状態が池園町地区を過ぎるまで続く。

 まるで人工の運河のようだ。

 運河と言えば、この大姶良川を運河に掘り、志布志湾と鹿児島湾とをつなごうというプランが提案されたことがあった。戦前の話だが、根占町(現・南大隅町)出身の代議士・津崎尚武がそう主張したと言う。肝属川河口から、大姶良川に入り上流にある瀬筒峠(74m)をぶち抜き、峠からわずか1キロほどで鹿児島湾に達するという、全長25キロの運河である。

 標高74mの峠を掘り下げて海抜ゼロメートルにすることは、重機を駆使すれば簡単なことだろう。だが、この話を聞いた川の右岸(向かって左側)の地域の人たちが「そんなことをしたら、こっちは島になってしまう」と猛反対して沙汰やみになったと言うが、それよりまず海水が入ってきたら、米作りがお手上げになる。そっちの理由のが大きかったかもしれない。Ooairagawa2_011_1

  さらに上流に向かうと、左に真新しいカラフルな屋根の学校が目に入る。鹿屋市立南小学校だ。

 創立が明治六年というとても歴史のある学校だ。もっとも創立当時はここから300メートルほど南へ行った集落の中だった。

 当時、維新直後の廃藩置県の混乱期で、南町は都城県に属したため学校は最初「都城県第五十六郷校」といい、大正の末まではそこにあったという。 Ooairagawa2_008_1

 右の写真は、ある民家の庭に立つ記念碑。

 南小学校の創立百周年記念に立てた物で、旧尋常小学校時代にあった校門の門柱を転用して造ったという。

 ところで上の写真、南小学校の赤い屋根の校舎の向こうに、こんもりとした小丘が見えるが、そこは中世の西俣城の跡である。

 西俣城主は佐々木氏で、のちに改易になったが、子孫が薩摩半島南部の山川郷の大山に移り住んだため「大山」姓を名乗り、そのまた子孫から大山巌(元帥)が出ている。

 大隅からの子孫つながりで言えば、来年のNHKの大河ドラマは「天璋院篤姫」だが、そのドラマの副主人公クラスで登場する 小松帯刀(こまつ・たてわき)は高山の肝付家の分流である喜入肝付家の出身で、婿養子に行った先の日吉の小松家というのがまた大隅・根占の祢寝家の直系なのである。つまり帯刀は体内に大隅のエッセンスを多分に持った男だったと言うことができる。そうするとドラマの見方も変わってくるのではないだろうか。

         マップ(赤い十字は西俣城跡)

Ooairagawanisimatajou_1 鹿屋市のスクロール地図はこちら

| | コメント (0)

大姶良川流域散策(その1)

 大姶良川なのに姶良川より「小さい」(短い)川とは・・・・不思議だ。

 共に肝属川の支流で隣り合っているから、地図の上でもすぐに分かるのだが、肝属川Ooairagawa_004 河口から13キロほど遡行した所で流入する姶良川は、合流点から南方の八山岳の源流まで約14キロ。

 これに対して大姶良川は、姶良川合流点から1、2キロ上流で肝属川に注ぐ(写真1)が、そこから南西の源流・横尾岳(426m)まで11キロ余りと3キロも短い。

 そのわけは古代からの地名にある。10世紀初めに世に出た『和名類聚抄』(源順著)の諸国郡郷一覧の部に、姶良(吾平)は「大隅国大隅郡姶良郷」として、また大姶良は「大隅国大隅郡大阿郷」として。「大阿」は大姶良の略字らしいのだ。「大」が付くのは川の長さではなく「流域の米の生産量が多い(大きい)から」だろう。姶良川に比べて大姶良川流域は標高が低く、米作りに適した低平な土地が広いのである。Ooairagawa_006    

 さて、一キロ行くと「永野田橋」が架かる。左方面が姶良川の流れる吾平地区、右方面が鹿屋市街地だ。

 橋を渡って写真の右手のこんもりした丘を目指すと、川のそばに澱粉工場がある。そこを行き過ぎて丘の向こう側に回りこむ。すると不思議な空間がある。

 そこを「国司塚」と言う。Ooairagawa_008_1

 塚の奥は径12~3mの円状の平地になっていて、叢生したヤダケの密林に囲まれている。よく見ると真向かいにヤダケをバックにして白い紙がたくさん立てられている。

 入って行って見ると、それはただの紙ではなく御幣なのだった。

 しかもその数は半端ではない。3~40本は立てられているだろう。周りには注連飾りが張られており、聖なる空間を仕切っている感じだ。Ooairagawa_009   

 通りに面して立つ教育委員会の説明によれば

 「養老4~5年(720~721)にかけて隼人の叛乱が勃発したが、そのとき殺された大隅国司・陽候史麻呂(やこのふひとまろ)は、実は大隅の巡見に来ていた時に、大隅隼人たちの叛乱に遭い、白馬に乗って落ち延びたが、ついにここで落命した」

 のだそうだ。そしてその国司の子孫がいまに到るまで、ここで供養を絶やさずにいると言う。祭りの日は毎年、節分の日と決められており、当主・永田氏が祭主を務めることになっている。実に1300年近い歳月を数えることになろう。全く、驚き入るほかないではないか。 

 さて、ここを過ぎるとすぐに支流・名貫川を横切る。橋を渡ると見渡す限り、耕地整理された田んぼ地帯が広がる。飯隈(いいぐま)地区だ。Ooairagawa_011  

 田んぼの中を2キロ余り、まっすぐな道が貫いている。大姶良川も、写真左手の丘陵の下を、人工水路のようにまっすぐ流れる。明治頃の地図を見ると、川はこの地域をうねうねと曲がりくねって流れていた。

 それじゃ、たしかに耕作は制限されていただろう。おまけに相当な湿田(沼田)だったようだ。いまはすっかり整然とした田んぼが並んでおり、鹿屋では一大穀倉地帯である。

 この道の突き当りが、県道吾平・横山線だ。突き当って右折すると西俣小学校だが、左折する。そうするとすぐに「樋渡橋」が架かる。 

 橋の向こうに住宅が見えるが、その奥の丘陵の突端近くで「堀木田地下式横穴墳」が発掘されている。たしか長さが3.5メートルを超えるような、最大級の墓室を持ち、副葬のOoairagawa_012 大刀もかなりのものだったらしい。

 面白いことに、残っていた頭骨の耳に「外耳道骨腫(がいじどうこっしゅ)」が見られたという。この腫瘍は潜水などで耳に冷たい水が入りやすい環境で発症するというから、墓の主は海人系の可能性が考えられる。

 近くには川しかないから海洋性ではないかも知れないが、航海民だった可能性はあるだろう。何らかの理由で海上交易を捨ててこの地に入り、耕作に従事したか、あるいは耕作民を従えて開田を行った首領であった可能性は否定できない。

     マップ(赤い十字は「国司塚」の場所)

Ooairagawakokusizuka鹿屋市のスクロール地図はこちら                  

| | コメント (1)