「鴨着く島」のカテゴリー転換

 9月の後半になって突然画像のアップが難しくなった。

 なぜか理由はわからないが、それまではデジカメからパソコンのマイピクチャーに取り入れておけば、ブログの記事の合間に挿入するのがいとも簡単だったのに、画像そのものではなく画像のhtmlが表示されるようになって面倒至極になってしまった。

 この10月でブログを始めて満10年となり、アップしたブログの数が1100タイトルを超えた。使った画像は一ブログ当たり少なくとも5画像はあるので、総計で5000画像はブログに載せたことになると思う。

 ココログフリーでは余りにも多くて、重くなったのかなと感じている。そろそろ潮時だろう。

 これまで「鴨着く島(かもどくしま)」では、主に大隅半島を中心としたあらゆる歴史およびよしなしことを取り上げてきたが、ちょうど大隅史談会の会長を辞任するタイミングでもあり、これからのブログでは画像を伴わないニュース性のもの、特に戦後の日本の歩みを踏まえた未来への提言のようなものを中心に綴って行きたいと思っている。

 今のところブログのタイトル「鴨着く島」を変更するつもりはないが、もし新しい取り組みがこれから100回、200回と続けられるようであれば、新たなタイトルを付けるかもしれない。

 内容としては自分の希望であるーー「武装永世中立国・日本」をうち立てるにはどうしたらよいかーーということを念頭に考えていくことであるが、やはりまずは今の日本が置かれている状況を把握するうえで戦前・戦中・戦後の歴史的な視点を外すことはできない。

 と、まあ、老いの繰り言の如きものが頻発する可能性はあるので、読者よ諒とせられたい。

 (なお、歴史に関してはホームページ「鴨着く島おおすみ」において継続する。こちらのほうは来年4月の大隅史談会会長辞任とともにタイトルを変更する予定。)

 

| | コメント (3)