3万年前からの地層

 鹿屋市吾平町の姶良川に架かる古市橋から肝付町高山方面への県道を200メートルほど行くと、両側から台地が迫って切り通しのカーブになっている箇所がある。

 去年の台風時の大雨でがけ崩れを起こし、いま年度末の改修完成に向けて工事が急ピッチで進められているのだが、のり面をきれいに削った結果、見事な地層が顕われている。

 上り坂なので道路と崖最上部との比高は平均で言うしかないが、目分量で平均は10メートル、のり面の長さは12メートルといったところだろう。

 ホームページ『鴨着く島おおすみ』の表紙に載せた現場写真で見ると、崖の最上部に近いのり面におそらく標高を一定に見通すためのものだと思うが、白っぽい板で✖点のように左右に直線状に打ち付けてあるのが見える。

 そしてその直線状の板に並行するようにオレンジ色の地層(幅は目分量で7~80センチ)が見えるが、あれが約7500年前に大噴火を起こした薩摩半島南部50キロばかりに位置する「鬼界カルデラ」由来の噴出物で、俗に「アカホヤ」火山灰と言われているものである。

 そのアカホヤ層は地表面から1メートル位と浅いものだ。その下には二つの火山灰層があるが、どちらも桜島由来の火山灰である。桜島がほぼ現在の姿になった約1万1千年前と、その何千年か前のものだろう。

 のり面の下半分は白い火山灰層だが、これが「シラス層」で、約27000年前の「姶良カルデラ」由来の噴出物である。大隅半島から宮崎県南部には相当な厚さで堆積しており、最も厚い所では100メートルに及ぶというから途轍もないカルデラ噴火による火砕流だった。

 また火山灰は偏西風に乗って、遠くは神奈川県の丹沢山塊でも5センチ位の堆積が見られるというから驚きだ。火山灰は拡散してチリ状になって空中高く舞い上がり、世界中を覆った可能性もあり、地球の気象に異変をもたらしたとも言われている。

 ところが、電信柱の向こうののり面の左右にシラス層が見えず、真っ黒い地層があるが、あれは大雨か何かでがけ崩れを起こしたのを埋め戻した新しい地層(?)だ。これはたぶん、昭和13年10月に大隅半島を襲って大災害をもたらした台風による大雨の時の鉄砲水的な土砂崩れの修復の跡だろう。

 先史時代の一万年単位の火山活動を示す跡(地層)と、現代に近い80年前の土石流災害の跡がコンパクトに同じ個所で見られるという非常に面白い眺めだと思う。

| | コメント (0)

SSー520ロケットの発射成功

 肝属郡肝付町内之浦にある「宇宙空間観測所」から2月3日午後2時3分に発射された超小型ロケット「SSー520」の5号機が見事に人工衛星を軌道に乗せた。

 天候は良かったもののやや風があって心配したが、去年の4号機が電気系統の不具合で失敗していたのを克服して超小型人工衛星の軌道投入に成功した。

 このSSー520機は全長がわずかに9.5m、直径が35センチというから、ちょうどどこにでも見られるコンクリート製の電信柱とほぼ同じ大きさだ。

 この中に搭載された東京大学の開発した人工衛星も超小型で、重さわずか3キロしかない。これで十分な機能を持っているのだろうかと誰でも思うが、なにしろ開発打ち上げ費用はたったの5億円だそうで、ピンポイントな役割には持って来いだろう。

 これまでのH2Aロケットだと開発打ち上げ費用が50億円もかかり、仮に失敗したとすると元を取るのに大変だ。ただ、搭載の人工衛星も大きなものなので、複数の役割を果たせる能力はあるが、一般企業ではおいそれと手が出せないだろう。

 そこへ行くと、今度のSSー520機は容易に手が届く。ホリエモンなら飛びつくだろう。何のために飛ばすかは分からないが・・・。

 いずれにしても、こんな小型ロケットなら、内之浦がこれからの打ち上げのメッカになるかもしれない。

| | コメント (1)

あいら木市

 今朝も相当に冷え込み、一月に入って5回目の降霜を見た。

 昨日(13日)から2日間、鹿屋市吾平町本通りでは恒例の植木市が開かれている。今年で25回か26回目になるという。

 昨日のちょうど昼の時間に行ってみたが、寒さの中なかなかの人出だった。露店で昼食用のものを買い、食後は植木などの露店を見て回った。

 植木では果樹が多く、購入したいと思うものもあったが、我が家の庭で定植する場所がほとんどなくなっているので、あきらめてベゴニアとヒヤシンスの鉢物を買った。

 そうこうするうちに本通りの真ん中あたり、鹿児島銀行の吾平支店駐車場に設けられた舞台で催し物が始まった。

 最初の出し物はエイサーで、カラオケ仲間の知人が参加していた。月に二回練習をしているという。足腰を鍛えるにはうってつけかもしれない。

 次は小学生による地元伝統の「そば切り踊り」で、明治時代だったか、薩摩半島の谷山から移住してきた人たちによって伝えられたそうだ。しばらく途絶えていたのを、2年前に小学生中心の子供会が練習の末に復活させたという。揃いの法被姿がりりしい。

 地元女性会の名舞台(迷演技?)はいつもながら笑わせてくれ、そのあとに今日のゲスト出演があった。

 「つむぎんちゅ」という奄美大島出身の男女ペアで、男性が福元、女性は肥後というプロである。どちらも大島的な姓ではないので、聞いてみると父親が鹿児島本土からの移住(?)者のようである。

 それはそれとして、男性の福元さんはお笑いの吉元に所属していたことがあり、本人の弁では「テレビ出演を果たしたが、視聴率を下げてしまい」、結局、やめて鹿児島に帰ったという。落ち込んでいる時に、蛇皮線が弾けることを武器に、二人組で演奏活動を始めたという。

 お笑い的な話は堂に入ったもので、観衆を盛り上げていく話術は貴重だと思った。

 木市は今日(14日)の15時頃まで。

 ※わがホームページ『鴨着く島おおすみ』のトップページにあいら木市の風景写真あり。

| | コメント (0)

寒空の下のグラウンドゴルフ大会

 今朝の最低気温は鹿屋でマイナス3.8℃、びっしりと霜が降り、庭先のメダカ用水連鉢の水が凍った。

 そんな中、午後になって某グラウンドゴルフ場では「ペア大会」が催されたので参加した。

 午後はやや日差しがあって気温も8℃くらいにはなったようだが、時折り曇ると寒さが戻ってくるようだった。

 しかし自分のペアと同じグループで回った人の中に90歳という男性がいて、寒さも何のそのはつらつとプレイしているのには驚かされた。

 長いコースだと50メートルを打つのだが、見事にゴールポストの近くまで寄せてしまう。結局、三組で回った中ではトップの成績であった。

 聞いてみると、これまでにワンラウンド(8ホール)で三つのホールインワンを入れてしまうという「ダイヤモンド賞」を5回も達成しているそうである。恐るべき90歳!

 この人と同年代では男子のほとんどが生きていないか、動けない状態なのに、自分だけは元気であるそうで、若いころからの節制のたまもののようである。酒も嗜むそうで、こんな90歳なら長生きしてみたいと思うことだった。

 グラウンドゴルフの良さは、高齢者でもできることと、男女でスコアなどに差がないことだ。究極の男女平等スポーツと言ってよい。

 鹿屋はグラウンドゴルフが非常に盛んで、天然芝のゴルフ場がたくさんある。おおむね2時間かそれ以上プレイして300円くらいの料金である。

 以前に万歩計で測ったところ、2時間やるとちょうど5000歩ほどになり、有酸素運動プラス人との会話が楽しめるレジャーなのがうれしい。

 以前は80歳くらいまではできるだろうと漠然と考えていたが、90歳までを目標にしようと思った。

 

| | コメント (0)

平成30年(2018年)正月元旦

 平成も30年を迎え、昭和も遠くなりにけりの感があるが、とにかくみなさん明けましておめでとうございます。

 元旦も、今これを書いている2日も明け方はともに寒く、霜が連続して降り、今冬13回を数えることになりました。

 11月中旬以降、ずーっと寒い日が続き、これまでの暖冬傾向に待ったが掛けられたかのようですが、タイムスパンを長くとれば地球温暖化傾向は変わらない、と専門家は言っています。

 アメリカのトランプ大統領は最近の寒冷現象を捉えて、「ほら見たことか、地球温暖化なんて嘘だ」などとツイートしているそうですが、能天気とはこの人のことを言うのだろう。

 京都議定書にもパリ協定にもサインしなかったアメリカはいよいよ孤立化の道を歩みつつあるが、国連憲章違反の二国間軍事同盟(日米安保)を65年間も締結し続けている日本に対しても、「アメリカが何かあったとしても日本が軍事的に救援に来ない安保とは一体何なんだ」と、ど素人的な根本的な疑問を投げかけてくれたおかげで、日本の「日米安保格安防衛費」と言っている軍事評論家がぎゃふんと声も出ない状況になっている。

 また、日米安保が無くなったら、「中国が攻めてくる。ロシアが攻めてくる。北朝鮮が日本に核ミサイルを飛ばしてくる」などと、いったいどういう根拠でそうなるのかが説明できない安保支持者が多いが、これなどは日米安保原理主義(アメリカの軍事力あってこその日本の安全保障であるという考え)に洗脳されているからだろう。何しろ65年は長い。二世代にわたっているからね。

 「2020年は変わり目の年だ。そうしたい」と安倍首相は改憲に目途をつけたいようだが、上に述べたように、日米安全保障条約という国連憲章上本来あってはならない「二国間軍事同盟」(国連が想定しているのは集団的自衛権に基づく多国間軍事同盟だ)を結んだままの9条改定は非常に危うい。トランプがあからさまに言うように、アメリカが一方的に日本を軍事的に守るのではなく、アメリカが日本とのかかわりが深い国へ戦争を仕掛けたら、その戦線に日本も加わらなければならなるだろう(指揮権はもちろん米軍にある)。かってのベトナム戦争における韓国軍のように。

 2020年までに日米安保を廃棄して、日本独自の全方位平和外交が展開できる国にしよう。ただし、専守防衛力は保持し、「武装永世中立国」を宣言することが必要だ。

 平成(今上)天皇が2019年4月30日に退位をされることが決まり、その際に国民に対してお言葉を述べられるわけだが、その中で「我が国の在り方」をにじませて、「平和外交に徹する」旨の内容をお話ししていただければ幸いである。

 また、翌日5月1日には新天皇となられた皇太子殿下がやはり「お言葉」を述べられるはずで、それにも平成天皇のお気持ちを十分に取り入れられれば、大変ありがたいものである。

 真心と誠意に基づく行動を真摯に実践なさっている皇室・皇族のお言葉には魂が込められており、世界中の耳目が集まることは必定で、「やはり日本は違う。何でアメリカなどといつまでも二国間同盟という名の軍事的支配を受け続けているのだろう。日本は独自の感性を持っているのに・・・」という声が圧倒的だろう。

 こうなったらいいのに――という新年の所感でした。

 
 ※ホームページ『鴨着く島おおすみ』に、「元旦の初日の出と、吾平の山陵・鵜戸神社の初詣で風景」を載せてあります。

 
 

| | コメント (0)

初冬の霜将軍

 こんなに霜の降りる12月は本当に珍しい。今朝も強い霜が降りた。

 これで12月に入ってから7度目、11月の半ばに1回あったから都合八度目の降霜はこの時期としてはおそらく史上初めてだろう。

 12月に限れば、下旬に入る前にもう7回というペースは、鹿屋に住んだこの15年で初めてだ。下旬になるといわゆるクリスマス寒波が到来して、たいてい年内に2回くらいの降霜を見るのだが、この調子だとあと3回くらいは降りそうである。

 そうなったら12月に10回を数えることになり、例年の1月の寒さに匹敵するかそれをを凌ぐことになるかもしれない。

 11月下旬から12月中旬までは「初冬」のはずなのに、この寒さ「霜将軍」は異常だ。何かの前触れでないことを祈りたい。

 ※ホームページ『鴨着く島おおすみ』に「霜が真っ白に降りたターサイ」の写真あり。

| | コメント (0)

ブルブルッ!

 今朝は昨夜の天気予報の通りになった。

 明け方に-3℃になるということだったが、確かに起きてみるとそうなっていた。

 12月に入ってこれで4回目の霜だ。まだ12月半ばというのに、こんな年は初めてではないか。11月の半ばにも一回早い霜が降りているから、今度で5回目となる。たぶん間違いなく降霜最多の年だろう。

 天気予報の解説ではどうやらエルニーニャの年に当たっているらしい。エルニーニャの年は寒いのだそうだが、地球は基本的には温暖化に向かっているはずである。

 ところが、去年(2016年)の1月下旬に、鹿屋市では近来まれに見る-8℃を記録しており、本当に温暖化が進んでいるのか疑問に思ったことがある。

 それでも夏の暑さは確かに高温化を思わせるものがあった。35℃を数回経験したが、これまで33℃を超えることが稀であったことからすれば、間違いないのだろう。

 (※ホームページ『鴨着く島おおすみ』のトップページに降霜の写真あり)

| | コメント (0)

レストラン「つわぶき」の再開

 吾平山上陵の近くにある大隅広域公園。その入り口に以前からあったレストラン(土産物兼業)「つわぶき」は9月から営業を停止していたが、12月になって再開した。

 指定管理者「大隅美食倶楽部」が運営することになり、12月3日にオープンしたが、今日になって食べに行ってみた。

 建物自体の外観と駐車場の広さは変わらないが、中に入ってみると、以前は店舗の手前半分が土産物を置くコーナーだったのが、そこは「カフェ 山陵」に改築され、奥の方に以前と変わらないレストランである。

 昔からのここの名物は「みそうどん」「ししラーメン」「バイキングコーナー」だったが、今度の経営者はみそうどんは残しつつ、これにそば部門を加え、麺類のメニューを大幅に増やしていた(約40種類)。

 バイキングを無くした代わりに「定食」を充実させ、600円から1500円まで、これに丼物を加えて30種類以上が提供されていた。

 これら定食・丼物には味噌汁の代わりに必ず「ミニうどん」または「ミニそば」が付くが、これはうれしいサービスである。

 今回は自分が「チキン南蛮定食」(ミニそば付)、家内が「からあげ定食」(ミニうどん付)(どちらも800円・税別)を注文したが、ボリュームは相当なもので、これならリピーターになってもいいと思った(ホームページ『鴨着く島おおすみ』のトップページに写真あり)。

 また喫茶コーナー(カフェ 山陵)では、なんと懐かしい「モーニングセット」があり、500円でコーヒー・サンドイッチ・サラダ・スープのセットが食べられるという。

 
  レストラン つわぶき (運営業者:大隅美食倶楽部)

  営業時間 9:00~17:00 (9:00~11:00はカフェ山陵のモーニングサービス時間)

  休業日   毎週水曜日

  ※年末年始(12月29日~1月3日)は営業するという。

| | コメント (0)

吾平四滝

 鹿屋市吾平町をながれる姶良川の上流部は浸食された花崗岩の山肌に4つの大きな滝がある。吾平町の山奥に位置する神野地区の最奥に大川内神社(祭神は吾平津比売・ヒコホホデミ命他)があるが、その神社の前を行く「大川林道」を上って約1.5キロで最初の滝(杖立ての滝)に達する。

 下から杖立ての滝、一本松の滝、特攻の滝、おしどりの滝と名付けられ、どれもが大隅半島の成因である「大隅花崗岩」を浸食し残した巨大な一枚岩を流れ下っており、涼味溢れる滝の連続である。ただし、落ちる滝ではない。

 一番下の標高の低い杖立ての滝の名の由来は「昔から山仕事の人々がここで杖を立てて休息の場としたから」のようで、たしかに林道からは30メートルも下ればよく、容易に乾いたのどを潤すことができる。
 二段に分かれ、第一段がツイストしているのが面白い。比高にして20mはあるだろう。

 二番目の一本松の滝は杖立ての滝から林道を800メートル上がった所にある。
 てっぺんに小さな島のように見える叢林があり、そこに一本の大きな黒松が生えていたので付けられた名のようであるが、今は黒松の巨木はない。
 その代り「巨岩」が途方もない。いくら水の勢いが強く浸食絶え間なしといえども、滝の水はただただその巨岩を洗ってあげているだけかのようである。

 三番目は特攻の滝で、戦時中に特攻機(説明版では飛行機とだけしてある)が上部に墜落したのでそう名付けられたらしい。この滝もべらぼうな花崗岩の巨石が見物だ。

 四番目は「おしどりの滝」で、「冬になるとオシドリが番いで飛来し、羽を休めるから」こう名付けられたという。羽を休めるだけならいいが、この滝つぼでは餌になる魚はまずいないだろうから住み着くのは無理だろう。
 この滝だけはきれいに三段に分かれており、第一段が最も高くて14~5m、二段目は3mほど、三段目は5m、総比高にして23~4mだろうか。
 一段目の滝と二段目の滝の間には確かにおしどりが住み着いてもおかしくない広さのプールがある(ホームページ『鴨着く島おおすみ』に写真あり)。

 面白いのは、二番目・三番目・四番目の三滝は実は連続しているといってもよく、もしドローンを飛ばして川筋を上から撮影してみたら、400メートル位にわたって連続した巨岩の間を縫って落ちる一本の滝に見えるだろう。総比高(標高差)はおそらく100mを超えるのではないか。

| | コメント (0)

初霜(2017.11.21)

 今朝の最低気温はマイナス1℃で、初めての霜が下りた。

 ほぼ無風で空は快晴、大陸からの冷気を伴った高気圧が県内を覆っていた。

 庭に出てみると、プランターに植え付けたばかりの葉ボタンや路地植えのイチゴの葉に真っ白な霜が載っていた(ホームページ『鴨着く島おおすみ』に写真あり)。

 去年よりは一週間ほど早く、晴天も去年より多い。

 こうなるとモミジの葉の色付きも鮮やかだろうと期待される。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧